SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

DeNAが20年ドラフトで指名すべきは高校通算24発のスラッガー!横浜・度会隆輝

2020ドラフト横浜DeNAベイスターズは、
コイツを指名しろ!

昨季は球団史上初めてホームでクライマックスシリーズを開催。今季も9月20日時点でセ・リーグ3位と、コンスタントにAクラスを狙える力をつけてきたDeNA。1998年以来、悲願の優勝を目指す上で、ドラフトに失敗は許されない。優勝に必要な戦力とは果たして!?

1位で目玉、2~3位で田澤!高校生スラッガーも欲しい

エースの今永昇太のほか平良拳太郎が故障離脱するなどローテーションのやりくりはうまくいかなかった。ルーキーの坂本裕哉が幸先良いデビューを飾ったが、こちらも故障で離脱し、ローテーションは火の車だった。井納翔一、大貫晋一の奮闘に助けられたものの、若手の伸び悩みもあり、苦しい事情にあるのは間違いない。どう考えても補強ポイントは先発ローテーションだが、即戦力を狙うなら、右の本格派がいい。

昨年は森下暢仁を狙うべきと進言したが、広島に単独で釣られてしまったのは痛い。伊藤大海(苫小牧駒大)、栗林良吏(トヨタ)らは候補になるだろう。伊藤はクローザー候補の呼び声もあるが、球種が多く、先発も務まる。栗林は安定したピッチングをしてくれる社会人ナンバーワンピッチャーだ。一方、手薄なのがブルペンだ。山﨑康晃が長年の登板過多がたたってパフォーマンスが急降下。新クローザーに就任した三嶋一輝、石田健大の2人の奮闘はあったものの、厚みという意味では来季の課題になるとは言え、ルーキー投手をリリーバーでフル回転させるのは得策ではない。

シーズンで活躍し、侍ジャパンにも選出された甲斐野央(ソフトバンク)がいい例で、2年目のシーズンの彼はケガとの戦いだった。現実は山㟢のような配置転換が理想と言える。伊藤はその候補となり得るが、現状を打開するという意味では、元メジャーリーガーの田澤純一(埼玉武蔵ヒートベアーズ)の指名も悪くない選択だ。田澤は横浜商大高、JX︱ENEOSといった神奈川県のチームを経て海を渡った。彼へのリスペクトを含め、神奈川の至宝を他球団に取られてはならない。ただ、その条件としては2、3位指名で、なおかつ1位で目玉を取ることが大前提だ。一方、高卒スラッガーも狙いたい。地元横浜高の度会隆輝はスケール感にやや迫力はないものの、狙いたい選手だ。小深田大地(履正社)は上位で消えるだけに、早めに指名したい。

度会隆輝【内野手】/横浜

182cm80kg 右左 二塁・三塁 遠投105m 50m6秒0

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!

「がっつり!プロ野球」27号 2020年ドラフト特集号
『インタビュー』
佐野恵太(DeNA)ドラ9が4年で4番主将になるまで
戸郷征郷(巨人)新エース候補は20歳
浅村栄斗(楽天)CSそして優勝へキーマン登場!
田澤純一(BC群馬)日本でプレーするその理由
高木豊 野球youtuberの先駆者が語る令和の野球界

『特集』
・48ページぶっこ抜き!12球団、この選手を獲れ
・ドラフトライターイチ押し!隠し玉はこの選手だ!
・佐々木朗希は奥川恭伸は?ドラ1ルーキーの現在地
・明日の佐野恵太はここにいる!ブレイク候補を青田買い!
・鈴木尚広から周東佑京まで!今昔「足のスペシャリスト!」
・あのレジェンドが現役だったら?「妄想年棒」の世界
・今オフはFAが凄いかも!? ストーブリーグ大予想!
・森梅野會澤大城!打てる捕手が増えてきて嬉しいぞ特集!!
・30代になってブレイクする選手も!遅咲き名選手特集!!
・みんなツイッター好きだよねえ。この#ハッシュタグが凄い!!
・12球団日本シリーズ:ベスト&ワーストバウト!!

・・・など今号も全ページ野球のウンチク満載です!!