SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

高校時代はバドミントン部。独立リーグに挑む異色の150キロ右腕とは?

BCリーグに新加入の神奈川に入団した杉浦健二郎

創設14年目のシーズン迎えるルートインBCリーグ(ベースボール・チャレンジ・リーグ)は今季 から新たに「神奈川フューチャードリームス」が参入し、計12球団によるリーグ戦が行われる。一時存続が危ぶまれた福井は新運営会社のもと「福井ワイルドラプターズ」として生まれ変わる。

これにより地区割りが変更になり、これまで東地区だった新潟が西地区へ移る。東地区は福島、茨城、栃木、埼玉武蔵、神奈川、群馬の6球団、西地区は新潟、信濃、富山、石川、福井、滋賀の6球団 となった。

昨季は創設3年目の栃木が初のリーグ優勝。また秋のNPBドラフト会議では支配下1人、育成4 人の計5人がNPB入りを果たした。特に埼玉武蔵の高卒ルーキー右腕・松岡洸希がBCリーグ史上 最高順位となる3位で西武から指名を受けたことは大きなニュースとなった。高校時代には目立つ存 在ではなかった選手がBCリーグで夢をつかんだ。今季も若き〝埋もれた〟才能の育成が期待される。

その一人として今季の飛躍に期待したいのは、高卒2年目右腕・宮野結希(信濃)だ。昨季は2勝 止まりも、秋にはBCリーグ選抜メンバーとして巨人、オリックスのファーム相手に4試合に登板し、無失点で自信をつかんだ。最速143キロのストレートは伸びしろ十分で、スプリット、カーブなどのタテ変化で打ち取る投球術に磨きをかける。

昨秋は指名漏れに泣いた変則左腕・有馬昌宏(富山)も即戦力としての成長が求められる。その変 則テークバックは一見の価値あり。クロスステップから最速146キロのストレートとカーブを投げ込 み、打者を手球に取る。昨季途中からサイドハンドに転向し、154キロの球速をマークした前川哲 (新潟)にも注目。うなりをあげるストレートと果敢に内角を突く投球術で打者をねじ伏せる。

そして、入団前から話題となっているのが新人右腕・杉浦健二郎(神奈川)である。昨秋のトライアウトで150キロをマーク。高校時代は野球ではなくバドミントン部に入り、大学では草野球チームで軟式をプレーしていたという異色の経歴の持ち主。どんな成長曲線を描くのか、シーズンを通してその目で確かめてほしい。

※福島=福島レッドホープス、茨城=茨城アストロプラネッツ、栃木=栃木ゴールデンブレーブス、埼玉武蔵=埼玉武蔵ヒートベアーズ、 神奈川=神奈川フューチャードリームス、群馬=群馬ダイヤモンドペガサス、新潟=新潟アルビレックスBC、信濃=信濃グランセローズ、 富山=富山GRNサンダーバーズ、石川=石川ミリオンスターズ、福井=福井ワイルドラプターズ、滋賀=オセアン滋賀ブラックス

ーー次回【独立リーグ見どころ④へつづく】へ続く

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。