SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

今永昇太&大貫晋一に並ぶ即戦力左腕を!DeNAが1位指名すべき曽谷龍平/白鷗大

2022ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!DeNAベイスターズ編

昨季最下位から、一時は優勝したヤクルトを追い詰めるまで飛躍した今季のDeNA。粒ぞろいの先発陣と日本人、外国人が上手く融合した強力打線でセ・リーグを盛り上げた。悲願の優勝へ向け、足りないピースを今年のドラフトで補うことはできるか!?

近年は育成路線にシフト?指名方針の変化に注目!

かつて3年連続で「即戦力左腕」を1位指名で獲得し、ドラフトファンをざわつかせたが、現在のローテを見るとその指名は一定の成功を収めている。その一方で、近年は「高卒路線」も取り入れ、3年前は森敬斗、昨年は小園健太を1位で獲得。森は順調に1軍でのプレー機会を増やしており、小園はファームでじっくり育成と「育成プラン」も確立されつつある。今年のドラフトでも、どんな指名方針を見せるか、楽しみだ。

曽谷龍平/白鷗大・投手

●おすすめ指名順位は1位指名!


優勝を目指すフェーズ!投手陣に厚みをつけたい


昨季の6位から一転して首位争いを展開するなど今シーズン躍動したDeNA。チームづくりは順調に進んでいるといえる。来季は筒香嘉智が復帰する可能性もあるだけに、優勝を狙っていく段階にきているといえるだろう。

戦力構成を見ていると投打ともにバランスが取れている。投手陣は今永昇太、大貫晋一の左右の両輪がダブルエースの構え。濵口遥大も君臨していて3枚がいるのは大きい。今永にメジャー挑戦の可能性が残るものの、2枚の投手が残っていて、ここからどう厚みをつけていくがカギを握るだろう。リリーバーは山﨑康晃のメジャー移籍も予想されるが、入江大生、伊勢大夢ら若手が台頭して厚みを増している。

1位指名は即戦力投手から伺っていきたいところだ。優勝を狙うにはここの厚みが必要になる。理想はサウスポーだが、そこは拘らなくていい。候補となるのは社会人の2人、河野佳(大阪ガス)と吉村貢司郎(東芝)。社会人出身でも二人はやや経歴異なる。河野は高卒経由のため、まだ伸びしろが期待できる。150キロのストレートが評判だが、コントロールよくゲームメークに長けている。大学生では庄司康誠(立教大)、左腕の曽谷龍平(白鷗大)あたりが早くから起用できるタイプだ。

 一方の打線は牧秀悟が主軸に君臨し、佐野恵太といいコンビになっている。桑原将志が1番打者として一本だちし、期待の森敬斗に起用の目処が立ったのは大きい。宮㟢敏郎の後継探しもそのうち出てくるだろう。ただ、現在の顔ぶれを見るとスラッガーが多くなっているゆえ、俊足好打者タイプを補強したい。U-18日本代表の黒田義信(九州国際大付)海老根優大(大阪桐蔭)などはマークしておきたい。

こんな指名はNGだ!

以前ほど戦力層に偏りがなくバランスが取れてきた印象だ。多くの選手を競わせ適材適所の起用をしてきたのはある。スラッガータイプが増えてきているので、避けるとしたら守備ができない即戦力スラッガーは控えておきたい。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内