SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

戸柱恭孝以外の左の捕手を!DeNAが3位指名すべき高山維月/浦和学院

2022ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!DeNAベイスターズ編

昨季最下位から、一時は優勝したヤクルトを追い詰めるまで飛躍した今季のDeNA。粒ぞろいの先発陣と日本人、外国人が上手く融合した強力打線でセ・リーグを盛り上げた。悲願の優勝へ向け、足りないピースを今年のドラフトで補うことはできるか!?

近年は育成路線にシフト?指名方針の変化に注目!

かつて3年連続で「即戦力左腕」を1位指名で獲得し、ドラフトファンをざわつかせたが、現在のローテを見るとその指名は一定の成功を収めている。その一方で、近年は「高卒路線」も取り入れ、3年前は森敬斗、昨年は小園健太を1位で獲得。森は順調に1軍でのプレー機会を増やしており、小園はファームでじっくり育成と「育成プラン」も確立されつつある。今年のドラフトでも、どんな指名方針を見せるか、楽しみだ。

高山維月/浦和学院・捕手

●おすすめ指名順位は3位指名!


好成績残したが課題山積!将来有望な捕手の確保を


課題だった投手陣が整備され、2位に食い込んだDeNA。だが、かねてよりMLB志望を公言してきた山﨑康晃が今オフのポスティングで移籍となれば、とたんに頼りなくなる。先発投手陣、内野陣も主力選手と控えとのレベル差が激しく、層は薄い。次世代の正捕手候補も手薄で、好成績を収めたチームながら補強ポイントは広範囲。

定石としては、投手を押さえるべきだろう。今永昇太、大貫晋一らの先発陣に食い込み、近未来でも小園健太と大看板を張れる存在。そこまで考えると荘司康誠(立教大)や曽谷龍平(白鷗大)のスケールを兼ね備えた投手が有力。即戦力の実戦派なら金村尚真(富士大)、菊地吏玖(専修大)、吉村貢司郎(東芝)、吉野光樹(トヨタ自動車)といった右投手も上位で押さえたい。とくに吉村や吉野は明確な決め球があり、リリーフ適性もあるのは買いだ。

今年は捕手に好素材がひしめくだけに、確実に押さえておきたい。将来有望な好素材として推薦したいのが、高山維月(浦和学院)だ。今春のセンバツで甲子園のバックスクリーンに放り込み、度肝を抜いた強打の捕手。捕手歴は浅いものの、二塁に向かって加速するようなスローイングも光る。高校生捕手といえば松尾汐恩(大阪桐蔭)が脚光を浴びているが、捕手としての将来性なら高山がしのぐのではないか。身長180センチ、体重71キロと細身。で、フィジカル強化次第でさらなる進化が望める。チーム内に左打者の捕手は戸柱恭孝しかおらず、希少性もある。

内野陣に厚みを加える存在なら門脇誠(創価大)や林琢真(駒澤大)が候補。両選手とも体格的に恵まれていないが、バットを力強く振り抜ける。門脇は攻守にソツなく、林はチームに不足気味のスピードを注入できる。パンチ力のある強打者タイプでは、吉田賢吾(桐蔭横浜大)、海老根優大(大阪桐蔭)を挙げたい。

こんな指名はNGだ!

外野陣は働き盛りの選手や養成中の有望選手がひしめき、層が厚い。野手補強はできる限り内野手にこだわりたい。投手は昨年のドラフトでまとまりのあるタイプを複数獲得したものの、残念ながら今のところ1軍戦力になっていない。多少粗くても、プロで生き抜ける個性を求めたい。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内