SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

  • HOME
  • SPORTS COLUMN
  • 石川昂弥との切磋琢磨に期待!中日が1位指名すべき内藤鵬/日本航空石川

石川昂弥との切磋琢磨に期待!中日が1位指名すべき内藤鵬/日本航空石川

2022ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!中日ドラゴンズ編

立浪和義新監督のもと再始動した今季の中日だが、シーズン中盤以降は最下位が定位置になる苦しい1年に。長年の課題とされた「打力不足」は今も改善されておらず、ドラフトも含めた戦力編成の抜本的な見直しが求められる時期に差し掛かっている。

逸材は十分に確保済み!残るは育成プランの確立か

過去5年のドラフト指名を振り返ると、決して悪くはない。2018年は根尾昂、2019年は石川昂弥と、2年連続で競合選手を引き当てたクジ運も持っている。しかし、根尾は今季まさかの投手転向。石川も故障がちでなかなか1軍でプレーできていない。2年目のドラ1・高橋宏斗が覚醒気味だが、育成プランの確立は急務だろう。指名戦略だけでなく、チーム全体で「育成」そのものを見直す必要があるかもしれない。

内藤鵬/日本航空石川・内野手

●おすすめ指名順位は1位指名!


貧打解消はいまだ見えず…長期的な再建プランが必要


チーム打率は昨年より改善したものの、得点は12球団でも最下位と相変わらずに貧打が続いている。原因は長打力不足ということは明らかで、チーム本塁打数の合計が村上宗隆の1人分と差がないというのも話題だ。そうなると昨年と同様にやはり野手の優先度が高くなるが、ドラフトの補強ですぐに長打力を改善することは難しいため、長期的に考えて指名することが重要になるだろう。

今年の候補で将来的に最もホームランを打てる打者になる可能性を秘めた選手と言えばやはり内藤鵬(日本航空石川)になるだろう。木製バットへの対応や守備面など気になる点は当然あるものの、スイングの柔らかさと打球の角度は貴重だ。石川昂弥と守備位置が重なることを度外視しても、狙うべき選手ではないだろうか。

ポジション的なことを考えるのであれば蛭間拓哉(早稲田大)と山田健太(立教大)の大学生2人も当然候補となる。蛭間は俊足で外野手としての能力も高く、打つ形の安定感も素晴らしい。山田も今年は長打が少ないが力はあり、セカンドを守れるのもプラス要素だ。昨年指名した大学生野手3人と比べても技術的な欠点が少なく、確実性の高さがあるというのも評価できる。

根尾昂が投手に転向しただけに二遊間も補強しておきたいが、打てるショートとして面白いのが戸井零士(天理)だ。少しスローイングの強さは物足りないが、大型でも動きに軽さがあり、堅実さも光る。打撃の力強さも高校生では上位だ。

投手ではベテランが多く、外国人選手への依存度が高いリリーフを補強しておきたい。そこでおすすめしたいのが橋本達弥(慶応大)。150キロに迫るストレートに加えてスライダー、スプリットも決め球として使える威力がある。4年になってから成績を伸ばしているというのも大きなプラス要因だ。

こんな指名はNGだ!

昨年は大学生の外野手を3人揃えたが、いずれも未完の大器タイプで一軍の戦力となる見通しは立っていない。だからといってすぐ使える選手となるとどうしてもスケールが小さくなる。チーム事情を考えると再建には時間がかかる可能性が高いだけに、中途半端な即戦力を優先することは避けたい。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!