SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

中島卓也や石井一成に継ぐ二遊間の確保を!日本ハム/新庄監督が2位指名すべき加藤豪将/メッツ

Text:西尾典文

2022ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!北海道日本ハムファイターズ編

新庄BIGBOSS就任1年目の今季は、優勝争いからは1球団だけ“蚊帳の外”でシーズンを過ごした。ただ、チームは明らかに再建期に突入しており、今季の最下位は想定内だろう。問題は新庄監督になって臨む来季以降。“育成上手”と言われ続けたチームだけに、そろそろ本領を発揮したい。

素材型指名の路線は継続?新球場オープンの影響は…

昨年は1位で達孝太、2位で有薗直輝と、「非即戦力」に振り切った指名を見せた。伝統的に高卒選手を育て上げる気風だけに、その路線を継続するのかも注目。新庄監督の意向と、来季オープンする新球場に向けたフロントの思惑がどちらに転ぶかで、指名戦略は大きく変わってきそう。

加藤豪将/メッツ・内野手

●おすすめ指名順位は2位指名!


二遊間の強化が急務!扇の要も確保しておきたい


新庄BIGBOSSのルーキイヤーは散々な成績だった。後半になっても5球団が優勝争いを繰り広げる中、完全に蚊帳の外だった。メジャーではよくある「再建期」を自ら作った形で、今季はファンを裏切った代わりに、来季以降には希望を見せないといけない。とはいえBIGBOSSの選手評価は一筋縄ではいかず、補強ポイントを探るのは難しい。選手構成から一つずつ探っていきたい。

投手陣はエースの上沢直之を中心に加藤貴之、伊藤大海と3枚が揃う。レンジャーズをDFAになった有原航平を獲得すれば安泰だろう。5年後くらいまでは安心だ。中継ぎ左腕はやや手薄だが、上位指名で埋める必要はなく補強が急務なのは二遊間だろう。中島卓也や石井一成は堅実に守れるが、次世代をしっかり見つけていきたい。

高校生で候補となるのは大型遊撃手、イヒネ・イツア(誉)、戸井零士(天理)ら。両親がナイジェリア人のイヒネはポテンシャルが高く、魅力十分。戸井は甲子園3度出場の実力者だ。ただ、新庄BIGBOSSがアメリカ生まれの日本人選手・加藤豪将(メッツ)を気になる存在としてあげている。サプライズ好きの球団&BIGBOSSだけに、思い切って狙ってみるのもひとつの手だ。

他に2位指名で狙いたいのがサウスポーの投手だ。現状、中継ぎ左腕は堀瑞輝の一択になっており、左打者に強打者が多いパ・リーグではウィークポイントになりかねない。奪三振率のいい曽谷龍介(白鷗大)は候補になるだろう。ストレートの最速が152キロを計測する。

7人の捕手を抱えるチームだが、リーダーのような存在がいない。渡部海、(智弁和歌山)松尾汐恩(大阪桐蔭)、を検討すべきだ。

こんな指名はNGだ!

新庄監督がたくさんの選手にチャンスを与えたことによって戦力は充実しつつある。投打とも若い世代がライアップを埋めている。それだけに即戦力の社会人指名は左腕に適任者がいればいいが、それ以外は避けたい。投手は素材系のみでいい。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内