SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

森友哉の後釜に!西武ライオンズが3位指名すべき渡部海/智弁和歌山

2022ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!埼玉西武ライオンズ編

前年最下位から優勝争いを繰り広げるまで躍進した今季の西武。“山賊打線”でリーグ連覇を果たした当時は極端なまでの「打高投低」だったが、今季は投手陣が奮起する逆転現象が起きている。このまま投手王国を目指すのか、打線強化にシフトするのか、指名戦略に注目したい。

近年は投手偏重ドラフト!そろそろ野手1位指名も!?

過去5年のドラフトのうち、4人の投手を1位指名で獲得していることからもわかるように、近年は明らかに「投手陣強化」がドラフトの課題だった。その成果は一定以上、出ていると言っていい。一方で、野手陣が手薄になったのも事実。中村剛也、栗山巧は大ベテランの域に入り、両者を含めた主力の後継者獲得は喫緊の課題。そろそろ「将来の中軸打者候補」の指名を目指してもいい時期に来ているのかもしれない。

渡部海/智弁和歌山・捕手

●おすすめ指名順位は3位指名!


補強ポイントは二遊間!投手陣の上位指名は不要


シーズン前の下位予想を覆して優勝争いを展開した。充実していたのは投手陣で、これまでの名誉を挽回するリーグトップの防御率を記録した。これまでの屈辱をドラフト指名で補い、しっかりと形にしたといえる。

一方、充実したチームを作ってもFAやメジャー挑戦などで戦力ダウンがあるのが西武の特徴でもある。2018、19年の連覇を支えた中心選手はFA取得を間近に控える選手ばかり。そう考えると特に野手の強化は急がなければいけない。

急いで強化が必要なのは二遊間と右のスラッガータイプだ。外野陣は充実しているため、浅野翔吾(高松商)や蛭間拓哉(早大)は手を出したいところだが、外していいだろう。現有戦力の成長に期待したい。

二遊間は滝沢夏央が育成から這い上がったが、守備・走塁の要素が強く、チームの顔になれるかどうかは未知数だ。上位指名するかはともかく、友杉篤輝(天理大)、田中幹也(亜大)、山田健太(立教大)のうちのどれかは指名したい。

守備力では山田が断然に落ちるが、大阪桐蔭OBが在籍するチームだけに起爆剤として期待するのは面白いかもしれない。友杉、田中はリードオフマンとして期待できる。外崎修汰、源田壮亮の動向を気にしながら抑えておきたい。

スラッガータイプではU-18日本代表で三塁手も務めた渡部海(智弁和歌山)だ。本職は捕手で、年齢層的にも西武にとっての補強ポイントだ。FA行使が囁かれる森友哉の後釜として、強肩強打の期待が高い。

もちろん、投手陣も中位以下で補強しておきたい。強打の花巻東打線を抑えた齋藤響介(盛岡中央)や日高暖己(富島)は隠れた逸材としてチェックしておきたい。

こんな指名はNGだ!

外野手の指名は鈴木将平、若林楽人、愛斗、川越誠司、岸潤一郎らがしのぎを削っている現状、慌てて指名するほどではない。高校生のそれも2位以下指名なら3~5年後を見据える必要はあるが、重複のリスクを背負ってまで指名する必要はない。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内