SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

佐々木朗希のようなスケールの大きい遊撃手を!ロッテが1位指名すべきイヒネ・イツア/誉高等学校

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!千葉ロッテマリーンズ編

2年連続のリーグ2位から、今季はAクラス争いでも後れを取るなど、やや足踏み気味のロッテ。とはいえ、チームには若く、将来有望な選手が豊富。毎年のようにドラフトで指名した選手が1軍で躍動し、明るい将来も透けて見える。その路線は、今年もぜひ継続してほしい。

高卒の逸材がズラリ!チームの将来は明るい!?

過去5年のドラフトのうち4度、高卒選手を1位指名で獲得しているが、その顔ぶれが凄い。2017年・安田尚憲、2018年・藤原恭大、2019年・佐々木朗希、2021年・松川虎生と、4人すべてが1軍でプレー。安田と藤原にはもう少し頑張ってほしい……というのがファンの正直な思いだろうが、年齢的にもまだまだ焦る時期ではない。「高卒選手の育成」に自信を持てたことで、指名戦略にも間違いなく幅が出てくるはずだ。

イヒネ・イツア/誉・内野手

●おすすめ指名順位は1位指名!


期待の若手野手が低迷!二遊間の世代交代も必要か


昨年の2位から優勝を狙ったものの、Bクラス入りが濃厚となっているロッテ。投手は佐々木朗希を筆頭に楽しみな若手が多いもの、捕手以外の野手は流動的なポジションが多い。特に平沢大河、安田尚憲、藤原恭大など1位指名で入団した選手が伸び悩んでいるだけに、スケールの大きい野手をまずは狙いたいところだ。

ポジション的に気になるのはショートで、今年は大学生に候補が多いが、スケールを重視するのであれば高校生のイヒネ・イツア(誉)を真っ先に指名するのも面白いのではないだろうか。まだまだ攻守ともに粗削りで一軍の戦力になるまでに時間はかかりそうだが、これまでの日本にはいなかったタイプのショートに成長する可能性を秘めた選手である。昨年も松川を思い切って1位指名しているだけに、センターラインを高校卒の大型選手で固めようというのは面白い狙いと言えるだろう。

ポジションに関係なく欲しいのはやはり強打者タイプの選手だ。2位で残っていれば内藤鵬(日本航空石川)も当然候補となるが、他の高校生では内田湘大(利根商)も面白い。フォローの大きいスイングで打球に角度をつけられるのが魅力で、長距離砲としての素質は高校生でもトップクラスだ。投手を兼任していたためファーストを守っていたが、運動能力も高く、他のポジションで勝負できる可能性は高い。

投手では高校卒の若いサウスポーを1人は狙いたいが、チームにいないタイプとして森山暁生(阿南光)をおすすめしたい。大型でまだ粗削りだが、サウスポーらしいボールの角度があり、長いイニングを投げられるスタミナも備えている。フォームに目立って悪い癖がないのもプラス要因だ。高校では連投も多かったためどうしてもスピードは抑え気味だったものの、しっかり鍛えれば一気にスピードアップすることも期待できるだろう。

こんな指名はNGだ!

昨年は7年ぶりに1位指名が重複せず、松川虎生を単独指名。2位の池田来翔も意外な上位指名だった。チーム事情を考えると成功と言えそうだが、意表を突く指名を続けると上位の枠を無駄にもしかねない。チーム事情ばかりを重視して、大物をみすみす逃すような指名は避けたいところだ。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内