SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

吉田正尚の後釜確保を!オリックスが1位指名すべき蛭間拓哉/早稲田大

2022ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!オリックスバファローズ編

昨季、25年ぶりにリーグ制覇を果たし、今季も最後の最後までソフトバンクと優勝争いを展開したオリックス。投打ともに若い世代が主力を張り、あと数年は安泰と言っていい戦力分布を誇る。その礎を築いたのは間違いなくドラフト。今年も、「将来の主軸」獲得となるか!?

育成プランに絶対の自信!今季も素材型を指名か?

一時は大学・社会人に偏重気味だったが、近年は高校生を中心にバランスよく指名を行い、しっかりと主力に育て上げるノウハウが確立された感がある。過去5年間を振り返ると、やはり2019年が特筆モノ。1位の宮城大弥、2位の紅林弘太郎はともに高卒2年目の昨季、1軍の主力として優勝に貢献。早い段階から1軍で経験を積み、チームの将来にも安心感を与えている。結果が出ているだけに、指名方針も大きな変更はなさそうだ。

蛭間拓哉/早稲田大・外野手

●おすすめ指名順位は1位指名!


戦力は充実期に突入も!将来の主力流出に備えたい


2021年覇者のオリックスは若い世代の台頭があり、これはドラフトの成果と言える。今季は昨シーズンのホームラン王・杉本裕太郎のケガによる離脱などがあったが、吉田正尚と杉本、今季台頭した頓宮悠真を加えた3人のクリーンアップはこれから数年は安泰だ。

若い世代も、ショートの紅林弘太郎がチームの顔になりつつあり、太田椋、来田涼斗ら楽しみな選手も多い。一方の投手陣も分厚い選手層を誇る。山本由伸は来オフのメジャー挑戦が濃厚とも言われるが、山岡泰輔に宮城大弥、田嶋大樹の両サウスポーがおり3枚は確定している。

山本の同期・山﨑颯一郎が4枚目を任せられるし、椋木蓮など5、6枚目は簡単に埋まる。そう考えていくと、投手陣は1位からの指名に走らなくても良いのではないか。

1人目に欲しいのは吉田が万が一、メジャー挑戦や将来的なFA行使で抜けた時に備えて、左の中距離打者を補強したい。さらに福田周平、宗佑磨らになっている左の好打者のポジションも埋めておきたい。

そんな中で1番手は早稲田大の中距離ヒッター・蛭間拓哉が適任だ。左打席からの力強い打撃はチームにさらなる厚みを与えてくれる。加えて、蛭間は守備にも長けているので、その点も安心だ。吉田が残留しても、DHに回すことができるから、超重量打線を形
成できるのだ。

投手陣は即戦力はそれほど求めてはいないが、枚数を増やしておきたい。右の速球派が多い一方、サウスポー不足が懸案で、森下瑠大(京都国際)らがターゲットになるだろう。

捕手は高校生年代に逸材が多いため、こちらも将来を見据えておきたい。智弁和歌山のスラッガー・渡部海、松尾汐恩(大阪桐蔭)などの地元勢は抑えておきたい。

こんな指名はNGだ!

一塁、左翼、右翼、DHはほぼ埋まっていると考えていい。つまり、打撃力は高いが、守れないスラッガーの枠は空いてないと見るべき。高校生ならともかく大学・社会人の「打つだけ」の選手は避けたい。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内