SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

佐藤輝明に並ぶ右の大砲を!阪神が1位指名すべき浅野翔吾/高松商

2022ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!阪神タイガース編

まさかの開幕9連敗を喫し、結果的に優勝争いには一度も絡めずに終わった今季の阪神。ただし、12球団屈指の投手陣を筆頭に戦力そのものは決して悪くない。監督も交代する来季へ向け、今年のドラフトは球団の将来を占うモノになりそうだ。

近年はドラフト巧者に!今年はどんな指名を見せる?

かつては「育成下手」と揶揄された阪神だが、近年はドラフトできっちりと将来の主力選手を獲得している。近本光司、佐藤輝明、大山悠輔の「ドラ1クリーンアップ」や、藤浪晋太郎、西純矢、森木大智、才木浩人の「高卒ローテ」などは、かつての阪神では想像できない現象だ。過去5年を見ても、ドラフト1位選手がきっちりと育っているのが分かる。「ドラフト巧者」に変貌した阪神に、今年も唸るような指名を期待したい。

浅野翔吾/高松商・外野手

●おすすめ指名順位は1位指名!


戦力バランスは屈指!思い切った指名を期待


開幕前に指揮官の矢野監督が退任を表明したのが響いたのが、序盤に躓いたのが痛かった。中盤以降立て直したものの、優勝には届かず悔しいシーズンとなった。とはいえ、矢野監督が残したものは小さくなく、ドラフトからの若手の積極的な起用が功を奏した感はある。戦力分布を見ても、実に安定していて、思い切った指名ができる準備が整っている。いわば、穴が空いている箇所がなく、好きなように指名ができるというわけである。

1位指名は浅野翔吾(高松商)に絞っていい。今年夏の甲子園を沸かせたスラッガーであり、これからの日本の野球界を背負って立つ選手だ。このままの戦力で行くと、1〜4番までが左打者になりそうなので、そこに浅野が入るだけでも大きく変わるだろう。浅野の指名に迷う理由は一つも見当たらない。

2位以降は高卒の素材系の投手と右打者を中心に補強ポイントを絞っていきたい。

投手で候補となるのは北海道ナンバーワンの呼び声が高い、斉藤優汰(苫小牧中央)だ。190センチから投げ下ろすストレートは一級品で、夏の全道大会では北海を相手に11奪三振の好投を見せている。西純矢、森木大智にもう一枚加われば、5年後の三本柱は決定したといっていい。

またドラフトの流れ順次第だが、浅野を外したときには、斉藤とこの夏甲子園では不調だったが、素材の良い田中晴也(日本文理)を狙ってもいい。右のスラッガータイプでは高校生では内藤鵬(日本航空石川)大学生では山田健太(立教大)が候補になりそう。内藤はホームランを量産するタイプで、山田はパンチ力を生かせばプロでもモノになるはずだ。

こんな指名はNGだ!

左バッターにやや偏重傾向になるのは否めな
い。大学生では蛭間拓哉(早大)、澤井廉(中
京大)、杉澤龍(東北福祉大)などに魅力を感
じるが、大学生の左バッターが割って入るには
戦力の重複は避けられなくなってしまう。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内