SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

佐藤輝明に並ぶ大山悠輔の後釜を!阪神が1位指名すべき内藤鵬/日本航空石川

2022ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!阪神タイガース編

まさかの開幕9連敗を喫し、結果的に優勝争いには一度も絡めずに終わった今季の阪神。ただし、12球団屈指の投手陣を筆頭に戦力そのものは決して悪くない。監督も交代する来季へ向け、今年のドラフトは球団の将来を占うモノになりそうだ。

近年はドラフト巧者に!今年はどんな指名を見せる?

かつては「育成下手」と揶揄された阪神だが、近年はドラフトできっちりと将来の主力選手を獲得している。近本光司、佐藤輝明、大山悠輔の「ドラ1クリーンアップ」や、藤浪晋太郎、西純矢、森木大智、才木浩人の「高卒ローテ」などは、かつての阪神では想像できない現象だ。過去5年を見ても、ドラフト1位選手がきっちりと育っているのが分かる。「ドラフト巧者」に変貌した阪神に、今年も唸るような指名を期待したい。

内藤鵬/日本航空石川・内野手

●おすすめ指名順位は1位指名!


エース候補は充実!野手にも4番候補が欲しい


昨年は小園健太を外したものの、同じ高校生投手の森木大智を指名。早くも一軍デビューを果たしており、3年目の西純矢と揃って将来のエース候補が獲得できたのは非常に大きかった。他にも24歳以下の若手にまだ成長が期待できる投手は多い。一方の野手は佐藤輝明の存在は大きいが、若手に強打者タイプはそれほど多くなく、特に右打者は井上広大しか見当たらないだけに、右の強打者を優先して獲得したい。

上位候補になりそうな右打者では高校生なら内藤鵬(日本航空石川)、大学生なら山田健太(立教大)、森下翔太(中央大)などが候補となる。中でも遠くへ飛ばすことに関しては内藤と森下が一歩リードしている印象だ。内藤は体重100㎏の巨漢だがスイングに柔らかさがあり、無理のないスイングで遠くへ飛ばすことができるのが大きな魅力。プロでサードを守ることができるかは未知数だが、肩の強さもある。大山悠輔の後釜として考えると今年の候補では筆頭になるだろう。

森下も確実性は課題だったが、この春は打率3割を超え、だいぶ力を抜いて打てるようになった。脚力も水準以上で、外野の守備も大きな不安はなく、広い甲子園にも対応できそうだ。山田も今年は少し単打が多いが、飛ばす力は元々あるだけに当然候補となるだろう。

投手では高校卒の若いサウスポーが及川雅貴と育成の川原陸しかいないだけに、下位で狙えそうな高校生は補強ポイントとなる。そこで面白いのが森下瑠大(京都国際)だ。夏の甲子園では肘の故障で本調子からは程遠く、少し評価を下げてはいるが、高校生離れした投球術は大きな魅力だ。下級生の頃から甲子園の大舞台で活躍してきた経験も注目度の高い阪神向きと言える。

故障の程度によって不安もあるだけに、高い順位で指名するのはリスクが高そうだが、下位で残っていた場合には指名を検討しても面白いだろう。

こんな指名はNGだ!

3年前は高校生、一昨年は即戦力に振り切った指名でそれが成功した印象が強い。上位も下位も特徴にある選手が多く、以前とは方針が変わった印象を受ける。今年も無理にバランスを取ろうとするとどうしても小さくまとまることが多いため、数年のスパンで考える指名は継続すべきだろう。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内