SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

独立リーグ出身投手で初のタイトルとなる最優秀中継ぎ賞獲得!今シーズン大ブレイク果たした湯浅京己/阪神タイガース

Text:落合初春

プロ入り後、上位指名選手をごぼう抜き!?ドラフト下位指名からの下克上列伝

実力勝負のプロ野球の世界。スタートラインさえ違えど、己の体ひとつで成り上がった元隠し玉たち。ドラフト指名時にはあまり知られていなかったが、チームの主力に成り上がった男たちの下克上を紹介したい。

パワーの壁を乗り越えてプロでも「仕事」をこなす

【湯浅京己/阪神タイガース】
2018年ドラフト6位


独立リーグ出身投手では初のタイトルとなる最優秀中継ぎ賞を獲得し、今季、阪神で大ブレイクといっても過言ではない活躍を見せた湯浅京己。2018年にドラフト6位でBC・富山から入団したが、その時点で「下克上」だった。

三重県から福島・聖光学院に野球留学した湯浅だったが、1年時から成長痛による腰痛に苦しみ、ようやく実戦で投げられるようになったのは、2年生の11月。3年生になると最速145キロをマークしたが、厚い投手陣の中で夏の甲子園本選ではメンバーから漏れてしまった。

それでも湯浅はあきらめなかった。野球に集中したいという思いからBCリーグのトライアウトを受験。富山に入団すると当時、監督を務めていた伊藤智仁氏の指導でグングンと上昇。最速151キロにまで成長し、好素材であることを証明した。

プロ入り後も腰椎の疲労骨折に苦しんだが、ハートの強さで乗り越え、最速は156キロに。BCリーグでは15登板で3勝7敗、防御率5・72だったが、苦しい場面も経験させる親心込みの起用。投手としての成長期を迎え、まだまだ伸びそうだ。

出典:『がっつり! プロ野球(32)』

『がっつり! プロ野球 (32)』10月7日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内