SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

更なる進化へフェニックスリーグに参戦した京田陽太!

今シーズン140試合に出場の京田陽太

今シーズン140試合に出場し、打率.249、本塁打3、打点40と結果を残した京田陽太。

京田陽太本人自身、打率.249に全く満足しておらず、打撃強化を目的にフェニックスリーグに参戦している。

そんな京田陽太も貢献した守備で中日ドラゴンズはセ・リーグ新記録を達成した。

今シーズン5373守備機会で45失策に抑えた。

守備率は、2004年の中日自身の記録.991を抜く、守備率.992でセ・リーグ新記録となった。

守備で結果を出した中日ドラゴンズの課題は間違いなく打撃だ。

フェニックスリーグで進化した京田陽太がシーズン打率.300以上を打てる選手になると、中日ドラゴンズの攻撃力はぐんと上がってくるだろう。