SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

全3得点に絡む根尾昂のお膳立てとなるマルチヒットを放った!木下拓哉

今季初勝利を掴んだ勝野昌慶

4月7日、バンテリンドームで行われたDeNAベイスターズとの一戦に、12球団で唯一、先発投手に白星がない状況で先発登板した勝野昌慶が毎回得点圏に走者を進められるも、要所で踏ん張りを見せ、5回6安打無失点で開幕11戦目にして中日ドラゴンズに先発投手が勝利をもたらした。

3回までは三塁まで走者を進められた勝野昌慶だったが、3回2アウト満塁のピンチの場面で、宮崎敏郎を併殺打に打ち取り耐え凌ぐと、4、5回も二塁に走者を背負ったが、要所を締める投球を見せ、失点は許さず、5回6安打無失点で勝利を掴んだ。

今季初勝利を掴んだ勝野昌慶は「多少ですが、光が見えてすっきりした。リズムが悪く、毎イニング走者を出してしまったのでそこは反省したい」。と活路を見出す投球となった。

根尾昂のお膳立てとなるマルチH放った木下拓哉

「7番・捕手」で先発出場した木下拓哉は、マルチヒットを放ち、全得点に絡む活躍を見せた根尾昂のお膳立てをした。

2回、先頭打者のビシエドがフォアボールで出塁するも、福留孝介、阿部寿樹が倒れ、2アウト1塁の場面で打席に立った木下拓哉はDeNAベイスターズ先発の入江大生の3球目フォークを捉え、センター前に弾き返し、2アウト1、2塁のチャンスを作ると、根尾昂が6球粘り、サードへ放った打球を宮崎敏郎が一塁へ悪送球し、労せず2点を先制した。

5回は先頭打者で打席に立った木下拓哉が三塁線を破るレフトへの二塁打でチャンスメイクすると、またしても根尾昂が3点目となるセンター前タイムリーヒットを放ち、DeNAベイスターズを突き放した。

根尾昂はラッキーな敵失も含め、全3得点に絡む活躍を見せ、その全てで木下拓哉が帰塁し、根尾昂の活躍をお膳立てした。

全3得点に絡む活躍を見せた木下拓哉は「ラッキーな形で先制できた。最後、タイムリーを打ったときはいい場面で打てた。当たりとしては速い打球ではないけど、意識的にしっかり右方向へ打ちにいけたのは良かった」。と振り返った。