SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

中日が20年ドラフトで指名すべきは高校No.1の地元投手!中京大中京・髙橋宏斗

2020ドラフト中日ドラゴンズは、
コイツを指名しろ!

目下7年連続Bクラス。「常勝」を誇った落合博満政権下の遺産は、すでに失われたといっていい。とはいえ、近年はドラフトでしっかりと有望選手を獲得。今は我慢の時期だが、育成さえ間違わなければ明るい未来も見えてくる。今年のドラフトも、理にかなった指名ができるか!?

プロ志望なら迷わず髙橋!進学なら栗林にシフト変更を

チームとしての結果こそ出ていないが、ここ数年のドラフト戦略は間違っていない。過去5年間を振り返っても「失敗」と呼べるドラフトはなく、各年度からしっかりと戦力、もしくは順調に成長している若手が生まれている。そんな中、一昨年は根尾昂、昨年は石川昂弥と、地元出身の高校生野手を2年連続で獲得。この指名の是非が問われるのはまだ数年先になるが、方針自体はブレずに貫いて欲しい。

となると、1位指名は必然的に髙橋宏斗(中京大中京)になる。言わずと知れた高校ナンバーワン投手。地元・愛知出身で小学生時代にはドラゴンズジュニアにも所属。この逸材を指名しない手はない。気がかりなのは髙橋が進学する可能性が高いこと。ただ、もし翻意してプロ入りを目指すようなことがあれば、いの一番で手を挙げるくらいの誠意を見せて欲しい。もしプロ志望届を出さなかった場合も、同じく地元・愛知出身の栗林良吏(トヨタ自動車)にシフトして「地元路線」は継続すべき。チーム事情を考慮すると、最初から即戦力の栗林を狙う手もあるが、過去の例を見ても「即戦力」が本当に「即戦力」となったケースは意外と少ない。であれば思い切って近年の育成路線を推し進めるべきだろう。

一方で、高齢化が進む外野手はしっかりと補填しておきたい。大島洋平は健在とは言いつつも今年で35歳。平田良介は絶不調にあえいでいる。根尾昂の外野コンバートも囁かれているが、京田陽太が思いのほか伸び悩んでいる現状を見ると、まだ遊撃を諦めるのは早い。できれば2位以下で今川優馬(JFE東日本)、五十幡亮汰(中央大)、逢沢崚介(トヨタ自動車)といった「即戦力」を獲得したいところだ。

髙橋宏斗【投手】/中京大中京

183cm84kg 右右 MAX154km 
変化球:スライダー、カットボール、カーブ、スプリット、ツーシーム

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!

「がっつり!プロ野球」27号 2020年ドラフト特集号
『インタビュー』
佐野恵太(DeNA)ドラ9が4年で4番主将になるまで
戸郷征郷(巨人)新エース候補は20歳
浅村栄斗(楽天)CSそして優勝へキーマン登場!
田澤純一(BC群馬)日本でプレーするその理由
高木豊 野球youtuberの先駆者が語る令和の野球界

『特集』
・48ページぶっこ抜き!12球団、この選手を獲れ
・ドラフトライターイチ押し!隠し玉はこの選手だ!
・佐々木朗希は奥川恭伸は?ドラ1ルーキーの現在地
・明日の佐野恵太はここにいる!ブレイク候補を青田買い!
・鈴木尚広から周東佑京まで!今昔「足のスペシャリスト!」
・あのレジェンドが現役だったら?「妄想年棒」の世界
・今オフはFAが凄いかも!? ストーブリーグ大予想!
・森梅野會澤大城!打てる捕手が増えてきて嬉しいぞ特集!!
・30代になってブレイクする選手も!遅咲き名選手特集!!
・みんなツイッター好きだよねえ。この#ハッシュタグが凄い!!
・12球団日本シリーズ:ベスト&ワーストバウト!!

・・・など今号も全ページ野球のウンチク満載です!!