SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

中日が20年ドラフトで指名すべきは大島の後を継ぐ高校No.1外野手!明石商・来田涼斗

2020ドラフト中日ドラゴンズは、
コイツを指名しろ!

目下7年連続Bクラス。「常勝」を誇った落合博満政権下の遺産は、すでに失われたといっていい。とはいえ、近年はドラフトでしっかりと有望選手を獲得。今は我慢の時期だが、育成さえ間違わなければ明るい未来も見えてくる。今年のドラフトも、理にかなった指名ができるか!?

大野の移籍を見越して補強ポイントは高校生左腕

この2年の中日のドラフトは大成功だった。一昨年は根尾昂を引き当て、昨年は石川昂弥も競合の末に獲得した。その執念のクジ運の背景にあるのはチームの「地元思考」に他ならない。特に、昨年の石川は夏の県大会を終えた後に、評価が上がったのだが、どの順序で指名するかは意見が分かれたはずだった。そこに挑んだわけだ。地元を代表して優勝旗を持ち帰った男を他にと獲られまいとした。さて、そんな今季も選択が難しいところだが、おそらく、補強ポイントは高校生サウスポー一本でいいのではないか。

先発ローテーションは、それほど模索状態ではない。想定していなかったことが起きた今季であるのは間違いないが、ローテーションの青写真は陣容が見えつつある。一方、サウスポーは枚数が少ないことに加えて、エースの大野雄大に移籍の噂が絶えない。メジャーに行くのではないかと見ているが、その点を鑑みても、補強ポイントの一番手はサウスポー。それも高校生ではないかと思う。候補として挙がるのが、高田琢登(静岡商)、松本隆之介(横浜)の2人だ。高田の方が変化球をコントロールよく、多彩に操れ、マウンドさばきもいい。安定感では計算が立ちそうなタイプで、デビューが早いのはこちらだろう。ただ、松本もスケール感では負けてはいない。

この2人の力量をどう評価していくかになるが、東海地区である高田が優先されるのではないか。1位ではなくとも、外れ1位には名前を読み上げられるはずだ。もうひとつの課題となっているのが外野手だ。35歳になる大島洋平の穴を埋める打者はチームに必要だ。高校生では来田涼斗(明石商)、大学生では佐藤輝明(近畿大)が候補になる。来田は高校ナンバーワンの評価が高く、守備走塁はもちろん、バッティングは中・長距離が期待できる。佐藤はスラッガータイプで、こちらは即戦力として期待が高い。

来田涼斗【外野手】/明石商

180cm85kg 右左 外野手 遠投100m 50m5秒9

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!

「がっつり!プロ野球」27号 2020年ドラフト特集号
『インタビュー』
佐野恵太(DeNA)ドラ9が4年で4番主将になるまで
戸郷征郷(巨人)新エース候補は20歳
浅村栄斗(楽天)CSそして優勝へキーマン登場!
田澤純一(BC群馬)日本でプレーするその理由
高木豊 野球youtuberの先駆者が語る令和の野球界

『特集』
・48ページぶっこ抜き!12球団、この選手を獲れ
・ドラフトライターイチ押し!隠し玉はこの選手だ!
・佐々木朗希は奥川恭伸は?ドラ1ルーキーの現在地
・明日の佐野恵太はここにいる!ブレイク候補を青田買い!
・鈴木尚広から周東佑京まで!今昔「足のスペシャリスト!」
・あのレジェンドが現役だったら?「妄想年棒」の世界
・今オフはFAが凄いかも!? ストーブリーグ大予想!
・森梅野會澤大城!打てる捕手が増えてきて嬉しいぞ特集!!
・30代になってブレイクする選手も!遅咲き名選手特集!!
・みんなツイッター好きだよねえ。この#ハッシュタグが凄い!!
・12球団日本シリーズ:ベスト&ワーストバウト!!

・・・など今号も全ページ野球のウンチク満載です!!