SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

昨季、盗塁阻止率.357。リードも冴える楽天の高卒5年目捕手とは?

正捕手争い。昨季は堀内謙伍がチーム最多42試合

 楽天の先発投手陣はエースの則本昂大が軸。昨季は右肘手術で出遅れ5勝に終わったが、今年は順調に始動。さらには岸孝之、新加入の涌井秀章と続き、三本柱が確立した。

 四番手以降は昨季8勝と台頭した石橋良太、9勝の辛島航、2年目左腕の弓削隼人がいて、松井裕樹が抑えから転向する。美馬学の不在を感じさせない布陣となっている。

 救援陣は新加入のJ・T・シャギワが新たな抑えの有力候補。

 機能すれば中継ぎは森原康平、青山浩二、ブセニッツ、宋家豪と駒がそろい、新加入の牧田和久、酒居知史もいる。左は高梨雄平のみだが、バリエーション豊富な布陣となった。

 捕手陣はベテランの嶋基宏が抜け、高校出5年目の堀内謙伍が主力候補。昨季はチームの捕手で最多の42試合で先発出場し、盗塁阻止率・357でリード面もいい。

 ほかに大学出2年目の太田光、移籍3年目の山下斐紹も控える。

ーー次回【千葉ロッテマリーンズ:チームバランス】へ続く >

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。