SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

新人の2008年から毎年50試合以上登板する宮西尚生!

パ新記録となる12年連続50試合登板達成の宮西尚生

昨夜のロッテ戦で8回に登板し、新人の2008年から続ける1シーズン50試合登板を果たした。

新人の2008年からの12年連続50試合登板という記録はパ・リーグ新記録だ。

12年連続50試合以上登板は、普通の投手では到底達成することができる記録ではない。

宮西尚生の持つ天性の豪腕と日頃のケアの賜物であろう。

中日の岩瀬仁紀が記録したプロ野球記録となる15年連続50試合登板を目指して、宮西尚生にはマウンドに立ち続けてほしいものだ。