SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

無失点も喜べない有原航平に生じた違和感とは!?

対外試合復帰戦を無失点で切り抜けた有原航平

6月5日に横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの一戦に先発出場し、3回49球を投げ、1安打2三振3四球無失点という結果で終えた有原航平。

対外試合復帰登板を無失点で切り抜けたことは良かったが、有原航平の投球に心配な点があることも浮き彫りとなった。

昨日の試合を見る限り、ストレート、カットボールは、順調に仕上がっているようだが、空振りを取らせるフォークボールが今ひとつ投げきれず、すっぽ抜けてしまう場面が多々見受けられた。

無失点投球を見せるもいつもの有原航平ではなかった違和感はこのフォークボールのすっぽ抜けだったのだ。

有原航平としては、この段階で修正点がわかったということは大きな収穫だろう。

昨シーズン15勝で最多勝の有原航平であれば、残りの練習試合でフォークボールをしっかり投げ込み、開幕までに調整してくれるはずだ。