SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

巨人から日本ハム移籍後66HR放ち大ブレイク!ノンテンダーで去就が気になる大田泰示

ノンテンダーとなった大田泰示の行方は!?

11月16日に日本ハムファイターズから来シーズンの契約提示・保留手続きを行わない『ノンテンダー』とされたことが発表され、自由契約となり、今オフの去就が一気に注目されることとなったプロ13年目・31歳の大田泰示。

大田泰示は2016年オフにトレードで巨人から日本ハムファイターズに移籍し、日本ハム初年度の2017年から昨シーズンまでは4年連続で2ケタ本塁打をクリアするなど実績を残し、守備でも昨シーズン、自身初のゴールデングラブ賞を受賞するなど、巨人時代は8年で計9本塁打とくすぶっていたが、日本ハム移籍以降は5年で計66本塁打と、一躍ライトのレギュラーとしてブレークを果たした。

今季こそ不振によって出場機会は76試合に減少し、打率.204、3本塁打、20打点と打撃不振に苦しみ一軍戦力としてはほとんど機能しなかったが、これまで巨人、日本ハムでプレーし、今シーズンまでに770試合に出場し、打率.261、75本塁打、310打点といった通算成績を残しており、ノンテンダーとなったことで獲得を考えていた球団が一気に動き始めている。

なぜなら、今シーズンの大田泰示の年俸は推定1億3000万円で、Bランクになるため、FA移籍する場合は人的補償、金銭補償が必要となるはずだったが、ノンテンダーで自由契約となったことで、費用対効果を考えた時に獲得が現実的な選択肢でなかった球団が獲得に乗り出すチャンスが生まれたのだ。

右の長距離砲として稀少価値がある大田泰示を狙う可能性がある球団は、古巣の巨人、4番の鈴木誠也がメジャーに挑戦する広島カープ、右打者の外野手が少ない楽天イーグルスが考えられるのではないだろうか。

18日に鎌ケ谷の球団二軍施設で自主トレを行った大田泰示は去就について、ノーコメントと言葉を濁しながらも笑顔を浮かべた。

すでにオファーが複数球団から来ているのかと、憶測が飛び交っている。

果たして、来シーズン大田泰示はどこの球団のユニフォームを着てプレーしているのか注目だ。