SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

2年連続7本塁打。日ハムが期待する高卒3年目の主砲候補とは?

清宮幸太郎、3年目の大爆発なるか

 2年ぶりのCS進出を目指すファイターズ。補強は必要最低限という印象も、投打とも戦力が整備されれば目標達成は可能だ。

 投手陣にはメジャーで実績ある新助っ人・バーヘイゲンが加入。先発として期待されるが、昨季は上沢直之が負傷、マルティネスも故障で有原航平が孤軍奮闘状態。

 リリーフ兼用だった金子弌大、加藤貴之が今季は専任となり、なおかつケガ人が復帰すれば、充実の布陣となるはず。あとは若い投手がどれだけ伸びるか。

 野手陣には巨人で昨季プレーしたビヤヌエバが加入。長打力はもとより、流動的だった三塁を守れるのは大きい。

 若手では渡邉諒が二塁定位置をつかんだのが収穫で、2年連続7本塁打の清宮幸太郎、1年目で2軍戦14本塁打の万波中正も成長が期待される。

 ドラフトでは1位で佐々木朗希を外し、社会人左腕の河野竜生を獲得。先発で即戦力候補だ。


昨季は投手力を維持したが、打線の破壊力と機動力が減退して3 位から5 位に転落。今 季は先発三本柱の確立と攻撃力の向上が課題となる。
ーー次回【北海道日本ハムファイターズ投手編・野手編】へ続く >

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。