SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

最優秀中継ぎのタイトルを手にした堀瑞輝がチームMVP!1軍出場なしの清宮幸太郎がチーム逆MVP

12球団完全データファイル2021

両リーグ、前年最下位チームが優勝を果たしという前代未聞のシーズンとなった2021年。12球団の詳細なデータをもとに、今季の戦いぶり&来季に向けた課題、期待値を完全掲載!

【チームMVP/堀瑞輝】ググっと急成長!初のタイトルゲット

2016年のドラ1・堀瑞輝が最優秀中継ぎのタイトルを手にした。これまでもリリーフやショートスターターで登板を重ね、経験を積んできたが、昨季はさらに前進。

60登板、39ホールド、防御率2.36、被打率 .193とキャリアハイの数字を残した。高校時代は教室では隅っこにいるような大人しい性格だったが、昨年はヒゲを生やすなどワイルドに。

本人は「剃らなかったら成績がよくなったので」とはにかむが、心境の変化は明らかだ。本人もメンタルの弱さを認めているが、どちらかといえばマイペース。もっといえば、ちょっぴり変人。マウンド上で動揺を見せても抑えきる変わり種なのだ。

【チーム逆MVP/清宮幸太郎】もはや鎌ヶ谷の住人…打つのは北の大地だ

2021年で4年目。そろそろブレイクしてほしい清宮だが、昨季はまさかの1軍出場なし。こうなると叩くどころか、本気で心配になってくる。

2軍では106試合に出場し、打率.199、19本塁打、60打点、出塁率.289。450打席で113三振を喫しており、確実性に課題を残したままだ。ただ、19本塁打は渡部健人(西武)に並んで、イースタンリーグトップタイ。

パワーが失われていない点は評価してもいいのではないだろうか。新庄監督が就任後、いきなり「デブじゃね?」と指摘され、ダイエットに本格着手。体のキレを取り戻せば、何か変化が生まれるかもしれない。ホームランを打つ舞台は鎌ヶ谷ではない。

【パリーグ5位】北海道日本ハムファイターズ

【2021シーズン成績】
55勝68敗20分
勝率 .447
得 点 454 ⑥
失 点 515 ④
本塁打 78 ⑥
盗 塁 77 ④
打 率 .231 ⑥
防御率 3.32 ③


チーム三冠は近藤健介だが、11本塁打がチームトップは本当にマズい。盗塁王の西川遥輝が抜けそうだが、五十幡亮汰が27試合で9盗塁。怪我さえなければ、盗塁王も狙えるだろう。ルーキーの伊藤大海は早くもチームトップの奪三振数をマーク。


出典:『がっつり! プロ野球(30)』

『がっつり!プロ野球(31)』1月31日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内