SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

首位打者獲得の松本剛が日本ハムMVP!堀瑞輝は開き直って腕を振れ!

12球団完全データファイル2022

オリックス&ヤクルトがともにリーグ連覇を飾った2022年。多くの記録も生まれたメモリアルなシーズンを、詳細データをベースに12球団ごとに細かく振り返ろう!

【2022チームMVP】松本剛

●苦労人が首位打者に!チームを沸かせた男
オール叩き上げの今シーズン、最も成功したのは松本剛だろう。高卒11年目、圧倒的な打撃センスを持ちながらも故障、不調、不遇で実力を発揮できなかった選手。

今季は開幕戦で4番に抜擢されるとヒットを重ね、ついに二軍の帝王から卒業。7月には自打球で左膝を骨折したが、わずか1ヶ月で復帰。新庄監督をはじめ、すべてのチームメイトが松本の首位打者獲得を願い、アシストに努めた。

試合に出られないときも声を出し、練習を怠らなかった男。タイトルひとつでこれほどチームが盛り上がるのも珍しいだろう。「きつねダンス」を流行させたファイターズガールも球場を盛り上げたMVP。

【2022チーム逆MVP】堀瑞輝

●開き直って腕を振れ!自信を取り戻せるか?
昨季42HPを挙げ、自身初の最優秀中継ぎに輝いた堀瑞輝。2016年のドラ1が一皮剥けたかと思ったが、今季はコントロールに苦しみ、41試合で防御率5.82と大乱調のシーズンだった。

守護神も狙える立場だっただけに非常に惜しい。もともと物静かでガツガツしたタイプではないが、今季は輪をかけて意気消沈しており、元気がなかった。

左肩の調子も思わしくなかったようで、来季は心身ともにリフレッシュして巻き返しを図りたい。その他、左肘故障で9月にメスを入れた宮西尚生や井口和朋も防御率5点台。この3人がリリーフで輝かなければ、浮上は厳しいのではないだろうか。

出典:『がっつり! プロ野球(33)』

『がっつり! プロ野球 (33)』11月24日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内