SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

日本ハムが20年ドラフトで指名すべきは絶対的エースへ成長期待!早稲田大・早川隆久

2020ドラフト北海道日本ハムファイターズは、
コイツを指名しろ!

「その年のナンバーワンの選手を指名する」という方針を貫き続ける日本ハム。選手の循環が速いため、コンスタントに結果を残すというよりは「数年に一度、優勝する」というチーム戦略が透けて見える。長期政権を続ける栗山英樹監督のもと、今季はどんな指名を見せてくれる!?

1位はブレずに逸材を!田澤の指名にも期待

「1位指名はその年のナンバーワン選手」という方針をブレずに貫き続ける日本ハム。ただ、3年前は清宮幸太郎を引き当てたものの、一昨年は根尾昂(中日)、昨年は佐々木朗希(ロッテ)と、2年続けてクジを外している。とはいえ、この方針はまだまだ継続して欲しい。ただし、今年に関しては「誰がナンバーワンか?」という問題も生じる。候補として挙げられるのは進学も噂される髙橋宏斗(中京大中京)、155キロ左腕の早川隆久(早稲田大)あたりだが、髙橋がプロ志望を表明した場合、フロントも迷うはずだ。

ただ、両者甲乙つけがたいということであれば、チーム事情を鑑みて早川を推したい。ダルビッシュ有、大谷翔平がアメリカにわたって以降、日本ハムには絶対的エースが不在。有原航平が筆頭候補なのは間違いないが、この2人ほどのインパクトは残せていない。早い時期に「エース」へと成長できる可能性を考えると、やはり早川の指名がマストになる。問題は今年も競合し、クジに外れた場合だが、ひそかに期待しているのが田澤純一の「外れ1位」指名だ。田澤ルールの撤廃で指名自体はほぼ確実視されているが、さすがに「1位」という声は聞こえてこない。年齢的にもその枠を使うリスクはあるが、菅野智之や大谷翔平を指名したときのようにドラフト会場にどよめきを起こすサプライズを期待してしまうのも事実。

リリーフ陣も今季はピリッとしていないため、チームの補強ポイントにもマッチする。また、中位から下位では野村祐希、万波中正のように、清宮幸太郎に刺激を与えつつ、将来的には中田翔の後継者になりうる大砲候補(出来れば左打者)の指名にも期待したい。

早川隆久【投手】/早稲田大学

180cm 80kg 左投左打 最速155km
変化球:スライダー・チェンジアップ・カーブ・ツーシーム

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!

「がっつり!プロ野球」27号 2020年ドラフト特集号
『インタビュー』
佐野恵太(DeNA)ドラ9が4年で4番主将になるまで
戸郷征郷(巨人)新エース候補は20歳
浅村栄斗(楽天)CSそして優勝へキーマン登場!
田澤純一(BC群馬)日本でプレーするその理由
高木豊 野球youtuberの先駆者が語る令和の野球界

『特集』
・48ページぶっこ抜き!12球団、この選手を獲れ
・ドラフトライターイチ押し!隠し玉はこの選手だ!
・佐々木朗希は奥川恭伸は?ドラ1ルーキーの現在地
・明日の佐野恵太はここにいる!ブレイク候補を青田買い!
・鈴木尚広から周東佑京まで!今昔「足のスペシャリスト!」
・あのレジェンドが現役だったら?「妄想年棒」の世界
・今オフはFAが凄いかも!? ストーブリーグ大予想!
・森梅野會澤大城!打てる捕手が増えてきて嬉しいぞ特集!!
・30代になってブレイクする選手も!遅咲き名選手特集!!
・みんなツイッター好きだよねえ。この#ハッシュタグが凄い!!
・12球団日本シリーズ:ベスト&ワーストバウト!!

・・・など今号も全ページ野球のウンチク満載です!!