SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

千賀の後継者として“エースの器”指名を!ソフトバンクが2位指名すべき達孝太/天理

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
ソフトバンクホークス編

4年連続で日本シリーズを制し、「黄金時代」を築いているソフトバンク。しかし今季は開幕から故障による離脱者が相次ぐなど、万全の戦いを見せられていない。選手層の厚さは誰もが認めるところだが、ドラフトでは「育成重視」でいくべきか、「世代交代」を狙うべきか!?

千賀の後継者として“エースの器”指名を!

昨季まで4年連続日本一の絶対王者・ソフトバンク。今季はなかなか波に乗れず苦しい戦いが続いているが、今も選手層で球団屈指の厚みを誇るのは間違いない。

長年の課題だった「ポスト・松田宣浩」はリチャードのブレイクで解決の糸口が見えた。また、ファームには増田珠、野村大樹、井上朋也らが控えており、ドラフトで新たに選手を獲得するよりも、彼らの成長に期待する方が得策だろう。

 外野は不動の主砲・柳田悠岐が衰えぬ打棒を発揮しており︑栗原陵矢も登録は捕手だが複数ポジションを守れるユーティリティー性を発揮している。

唯一と言っていい懸念事項は今宮健太の後継者育成を含めた二遊間の補強だが、今年のドラフトにはめぼしいショートストップがいない。上位で獲得したい選手がいるなら話は別だが「、即戦力」にこだわる必要はないだろう。

となると今年のドラフトもここ数年の「育成路線」を継続する形で問題ないように思えるが、ひとつだけ注文を付けるとしたら「上位は投手で!」に尽きる。

選手層自体は申し分なしだが、実はここ数年、千賀滉大を脅かすようなエース候補が現れていない。近い将来のメジャー移籍が現実味を帯びているだけに、そろそろ次世代を任せられる「投手の軸」を指名しておきたい。

チームの育成方針を考えると完成度の高いタイプより伸びしろのある「素材型」の方がいいだろう。となると、風間球打(ノースアジア大明桜)や達孝太(天理)が最適か。達が2巡目まで残っている可能性は分からないが、ここは1位・風間、外れ1位もしくは2位で達と、上位は「素材型投手」に振り切ってもいいだろう。

おすすめ指名順位は2位指名!

●達孝太/天理・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!