SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

右の外野手確保は急務!巨人が4位指名すべき池田陵真/大阪桐蔭

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
読売ジャイアンツ編

セ・リーグ3連覇を目指す今季も阪神、ヤクルトと優勝争いを展開する巨人。ドラフトでは決してクジ運に恵まれているとは言えないが、2014年1位の岡本和真が不動の4番に成長し、2018年1位の髙橋優貴が今季ブレイクを果たすなど、一定の結果は残している。

右の外野手確保は急務!1位は競合覚悟で大器を

今季は故障者や主力の不調でベストメンバーを組めた時期がほぼないにもかかわらず、優勝を争えているのは、やはり選手層の厚さがなせる業。とはいえ、こと「ドラフト」に関して言えば近年は決して満足いく結果を残しているとは言いにくい。
 

ただ、それは指名戦略云々ではなくシンプルに「クジ運」の問題が大きい。現在、巨人はドラフトの抽選で連敗中。特に過去5年はすべて1位競合を抽選で外し、外れ1位も4連敗。昨年の佐藤輝明/阪神を筆頭に、奥川恭伸/ヤクルト、根尾昂/中日、清宮幸太郎/日本ハム、村上宗隆/ヤクルトと「逃した恋人」のメンツは豪華極まりない。

となるとどうしても冒険を恐れて「安全圏」のドラフトに舵を切りそうなものだが、チームの結果が出ているうちは方針転換の必要はないだろう。 それらを踏まえ、1位で指名したいのは次世代のエース候補だ。菅野智之に代わる存在として、まずは小園健太(市和歌山)、風間球打(ノースアジア大明桜)、森木大智(高知)あたりを狙っていきたい。もし彼らを抽選で外したとしても、達孝太/天理など「1位はエースの器」にこだわってもらいたい。

中位以下で獲得したいのが外野手だ。昨年1位で佐藤を指名したことからも分かるように、外野は総じて高齢化が顕著。

大学生ならブライト健太(上武大)、正木智也(慶應大)あたりが有力だが、高校生も最低一人は確保したい。大阪桐蔭の池田陵真はスピードとパンチ力を兼備したタイプで、近年の巨人のスタイルともマッチする。また、年齢バランスを見ても外野は1枚ではなく2枚は欲しいので、チームメイトの花田旭とのダブル獲得を狙ってもいいくらいだ。

おすすめ指名順位は4位指名!

●池田陵真/大阪桐蔭・外野手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!