SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

外れ1位に外れなし!?積極果敢な指名を!ロッテが1位指名すべき森木大智/高知

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
千葉ロッテマリーンズ編

昨季はシーズン2位、今季も優勝争いを展開するなど、井口資仁監督のもとで着実に力をつけているロッテ。その要因がここ数年のドラフト戦略にあるのは間違いない。若い選手が着実に力をつけ、チ ームの主力に成長。ドラフト巧者ぶりを発揮しているだけに、今年もその指名戦略が注目される。

外れ1位に外れなし!?積極果敢な指名を!

 昨季に続き、優勝争いを演じているロッテだが、ドラフトで獲得した選手たちがしっかりと成長し、チームの戦力になっている。これは指名戦略の巧みさはもちろん、現有戦力とのバランス、育成プランの統制がしっかりと取れている証拠だろう。

現時点での戦力でいうと「絶対的エース」不在が課題と言えるが、2年目の大器・佐々木朗希が覚醒の兆しを見せ、二木康太、小島和哉、岩下大輝ら20代の次期エース候補も充実。ここにトミー・ジョン手術明けの種市篤暉が戻ってくると想定すれば、決して焦る必要はない。

野手陣も安田尚憲、藤原恭大というドラ1コンビが台頭し、「軸」となるべき選手がしっかりと成長を遂げている。ベテラン勢も荻野貴司を筆頭にしっかりと力を発揮しており、理想的な「世代交代の波」が実現しつつある。

となると当然、ドラフトでも思い切った指名ができる。1位は即戦力にこだわらず、高校生中心で問題ないだろう。それも、「競合覚悟」で目玉選手に手を挙げていい。

 オススメは森木大智(高知)。150キロを超える速球で中学時代から注目を浴びながら一度も甲子園に出場できなかった大器を、大きく育てたい。

競合を恐れなくていい理由は戦力の充実だけではない。近年のドラフトを見ると、ロッテは外れ1位を「外していない」からだ。2012年の松永昂大、2016年の佐々木千隼、2017年の安田と、抽選に敗れても後の主力クラスをキッチリ確保している。

1位で目玉選手を外しても、しっかりと有力選手を指名できる流れが、今のロッテにはある。万が一、1位指名を抽選で外した場合もロッテの「外れ1位」が誰になるかは要注目だ。

おすすめ指名順位は1位指名!

●森木大智/高知・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!