SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

上位は即戦力投手に!正捕手候補の指名も急務!阪神が2位指名すべき髙木翔斗/県岐阜商

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
阪神タイガース編

矢野燿大監督のもと、久々の“優勝”が現実味を帯び始めた今季。昨年のドラフト1位・佐藤輝明を筆頭に、伊藤将司、中野拓夢らルーキーが軒並み1軍戦力になり、チーム力が格段に増した。改めて“ドラフトの力”を実感している阪神は、どんな指名戦略をとるべきか!?

上位は即戦力投手に!正捕手候補の指名も急務

2019年は上位5選手を高校生が占め、昨年は佐藤輝明を筆頭に大卒、社会人を厚めに獲得した阪神。両極端に思える指名戦略だったが、結果として“成功”を収めている。今季のルーキー・佐藤、伊藤将司、中野拓夢らが1年目から主力を張り、高卒2年目の西純矢、井上広大は順調に成長中。及川雅貴は早くも1軍リリーフ陣に無くてはならない存在になっている。

高校生中心→大卒、社会人中心ときて、今年はどうかというと、過去2年の帳尻を合わせるためにも「バランス」を重視したいところ。年齢層の偏りは長期的にみると戦力に「穴」を作りかねない。

 1位では本来なら高校生のエース候補を……と言いたいところだが、伝統的に高卒投手がなかなか育っていない。藤浪晋太郎を未だに持て余していることからも、それは確かだ。となると1位は大卒、社会人の投手か。バランスを考えると左腕がベストで、隅田知一郎(西日本工業大)、佐藤隼輔(筑波大)らが筆頭候補。今年は球団の1位指名が投手に偏重しそうなので、ここにきて評価を上げている山田龍聖(JR東日本)の一本釣りを狙ってもいい。奪三振率も高く、先発も、リリーフもいける。岩貞祐太、岩崎優の後継候補としても期待できる。

その上で2位では梅野隆太郎の後を継ぐ正捕手候補を指名したい。筆頭候補は松川虎生(市和歌山)だが、ウエーバー順を考えると残っていない可能性もあるため、オススメなのが高木翔斗(県岐阜商)。恵まれたフィジカルを持つ素材型の捕手だが、近年のチームの育成方針にもフィットするはずだ。

近年のドラフトは間違いなく今季の躍進に繋がっているだけに、指名方針は今後も貫いてほしい。

おすすめ指名順位は2位指名!

●髙木翔斗/県岐阜商・捕手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!