SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

“地元枠”にとらわれず補強ポイントを把握せよ!中日が2位指名すべきブライト健太/上武大

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
中日ドラゴンズ編

昨季は8年ぶりのAクラス進出も、今季は再びBクラスに沈んでいる中日。チームは典型的な「投高打低」で補強ポイントも明確と思える。とはいえ、投手指名ゼロというわけにはいかないのがドラフトの難しいところ。有識者が提言するオススメ選手はいったい誰だ!?

“地元枠”にとらわれず補強ポイントを把握せよ!

過去3年のドラフトを見ると、根尾昂、石川昂弥、髙橋宏斗と高卒の目玉選手獲得に成功。彼らが順調に成長すれば近い将来の“黄金時代到来”も予見できる。

とはいえ、チームは今季クラスに低迷。数字を見ても補強ポイントが野手なのは明らかだ。チーム防御率がトップなのに対し、打率、本塁打はリーグワースト。特に長打力不足は深刻だ。

本拠地球場でも屈指の広さを誇るバンテリンドームを本拠地とすることを差し引いても、日本人最多本塁打が木下拓哉なのは寂しい限り。

中日の選手を見ると、必要以上に本拠地を「広い」と感じ過ぎているように思える。そこでオススメしたいのがブライト健太(上武大)だ。今春になって一気にドラフト戦線に踊り出した大器で、パワフルな打撃はドラフト候補生でもトップクラス。良い意味で経験が不足しているだけに、球場の広さなど微塵も意識しない勢いを感じる。守備面では課題も残るが身体能力自体は高く、広いバンテリンドームでその能力をいかんなく発揮してもらいたい。

また、得意の「地元枠指名」は前述の根尾、石川、髙橋でしっかりと補填が済んでいるため、今年はやみくもに「地元」にこだわる必要はない。1位では純粋に実力を重視してチームに必要な戦力、高校生なら小園健太(市和歌山)、風間球打(ノースアジア大明桜)、森木大智(高知)ら目玉投手を。大卒、社会人なら即戦力重視で廣畑敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ)、椋木蓮(東北福祉大)、隅田知一郎(西日本工業大)ら、良い意味で“サプライズなし”の指名で問題ない。

 チームのウィークポイントが明確なぶん、適材適所を考えれば、おのずと「正解」の指名は見えてくるはずだ。

おすすめ指名順位は2位指名!

●ブライト健太/上武大・外野手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!