SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

強力先発陣の跡を継ぐ地元の星を果敢に狙え!楽天が1位指名すべき風間球打/ノースアジア大明桜

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
楽天イーグルス編

開幕前に田中将大が復帰し、実績抜群の超強力先発陣を形成した楽天。積極的な補強もしっかりと実を結び、今季は優勝争いを展開している。投打ともにタレントはそろっているが、近い将来の「勝利」を目指すのか、中長期的な「常勝化」を目指すかで、指名戦略は大きく変わってくる。

強力先発陣の跡を継ぐ地元の星を果敢に狙え!

田中将大、涌井秀章、岸孝之、則本昂大といった超ビッグネームに、4球団競合のスーパールーキー・早川隆久を加えた先発ローテに注目が集まった今季だが、上位争いを支えているのは実はリリーフ陣だ。

クローザー・松井裕樹やダブルセットアッパーの酒居知史&宋家豪、リリーフに道を見出した安樂智大といった投手陣が、先発の勝ち星をキッチリとサポートしている。

もちろん、先発陣も強力だが、早川以外は全員が20代と世代交代は急務。とはいえ、「即戦力」を確保したところで来季いきなり先発ローテに名を連ねられるかというと、未知数だ。

そこでオススメしたいのが、東北が誇る剛腕・風間球打(ノースアジア大明桜)だ。2年前に佐々木朗希(ロッテ)を外している楽天からすれば、喉から手が出るほど欲しい「東北所縁のエース候補」。近年はいわゆる「地元枠指名」が減少傾向で、ファンもややフラストレーションがたまっているが、風間であれば実力も文句なし。名だたる投手陣から多くのものを吸収して球界のエースへと成長してほしい。

また、2位以下では慢性的に不足している右の強打者を確保したいところ。ブライト健太(上武大)、正木智也(慶応大)、鵜飼航丞(駒澤大)あたりが候補になってくる。

加えて、先発もできる左投手も押さえておきたい。ウエーバーで残っているかにもよるが森翔平(三菱重工West)、山田龍聖(JR東日本)、地元・宮城出身の剛球左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)あたりが有力候補か。

加えて、下位でスケール感抜群の羽田慎之介(八王子)あたりを指名できれば、バランスの取れた満点のドラフトと言えるだろう。

おすすめ指名順位は1位指名!

●風間球打/ノースアジア大明桜・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!