SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

1位は「素材型」2位以下で即戦力投手を!日本ハムが2位指名すべき三浦銀二/法政大

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
北海道日本ハムファイターズ編

近年、方針のブレないドラフト戦略と育成力が称賛されてきた日本ハムだったが、主力流出のサイクルに育成が追いつかなくなってきた感がある。今季はパ・リーグ最下位と苦しい戦いが続くが、今後の巻き返しのためにも今年のドラフトが本当の意味で真価を問われることになる。

1位は「素材型」でもいいが2位以下で即戦力投手を!

その年のナンバーワン選手を1位で指名する――。このブレない方針を貫き続けている点は評価していい。昨年ドラフトで一本釣りに成功した伊藤大海は東京五輪代表にも選出され、新人王争いを繰り広げるなど、1年目からエース級の働きを見せている。

今年の「ナンバーワン」が誰かというと意見は分かれそうだが、個人的には小園健太(市和歌山)を推したい。高校生離れした完成度は、数年以内に1軍ローテーションに定着できるだけのポテンシャルを秘めている。風間球打(ノースアジア大明桜)、森木大智(高知)も魅力的な投手だが、育成にやや時間がかかるイメージだ。2023年に新球場に移転するだけに、そのタイミングで伊藤、吉田輝星とともに1軍先発陣を支える存在になってもらいたい。

ただ、実は重要なのは2位以下の指名だ。今季の戦いぶりを見ると、チーム全体の底上げは不可欠。4番・中田翔が“例の一件”で移籍したことで、打線の強化に着手すべきと思うかもしれないが、スラッガー候補は清宮幸太郎、野村佑希、万波中正といった面々がいる。もっと言えば、「中田の後釜」は外国人で補うこともできる。

上位指名は投手で固めるくらいの思いきりがあってもいい。そこで指名してもらいたいのが法政大の三浦銀二。上背はないが、六大学で1年春から活躍する「勝ち方を知る投手」だ。大崩れしない計算できるタイプを2位で獲得する算段があれば、1位で将来性に振り切った指名もできる。高校時代からの登板過多はやや気になるが、そのあたりも日本ハムならうまくやりくりできるだろう。

チームとしては現在、「再建」まっただ中。ドラフトでも「生まれ変わった日本ハム」を意識させる指名が見たい。

おすすめ指名順位は2位指名!

●三浦銀二/法政大・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!