SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

中位で右打者&高卒投手を!広島カープが3位指名すべき花田侑樹/広島新庄

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
広島カープ編

2016年からリーグ3連覇を達成した選手たちが徐々に高齢化し、世代交代を推し進めている広島。一方、ドラフトでは2年連続で即戦力投手の一本釣りに成功するなど、巧者ぶりを発揮している。生まれ変わりつつあるチームだけに、今年のドラフトでどんな選手を指名するかも注目だ。

今年も巧者ぶりを発揮か!中位で右打者&高卒投手を

近年のドラフト指名を見ると、“真の勝者”は広島のように思える。特に一昨年に森下暢仁、昨年に栗林良吏を一本釣りで獲得したのは、運もあったとはいえ事前の「情報戦」と「読み」の勝利だ。

2投手とも1年目から1軍の主力として活躍し、東京五輪にも出場するなど、球界を代表するレベルに成長。この2投手を「競合なし」で獲得した時点で、満点をあげていい。

 広島は伝統的に1位で即戦力の先発型投手、2位以下でチーム状況に応じた指名を行ってきたが、今年もその路線は継続すべきだろう。

例年通り「一本釣り」を狙うのであれば椋木蓮(東北福祉大)、鈴木勇斗(創価大)あたりか。もちろん重複の可能性はゼロではないが、他球団の指名が前評判の高い高校生投手に集中すると想定すると、それ以外に複数いる「即戦力型」の投手指名は情報戦が勝負になる。広島が1位でどの選手を指名するのか、大いに注目したい。

2位以下では鈴木誠也の後釜になりうる右の強打者と、将来性豊かな高校生投手の指名をオススメしたいが、是が非でも推したいのが花田侑樹(広島新庄)。まだまだ体は出来上がっていないが、広島のファームでみっちり鍛えれば、数年以内に同期の目玉と呼ばれる投手たちをごぼう抜きにする可能性もある。打者としてもチームで4番を打つなど、「野球センス」そのものが高いのも魅力だ。

地域密着が色濃い球団だけに地元広島出身の逸材を逃す手はないだろう。指名順位は3位、ウエーバー順を考慮して確実に狙うなら2位でも決して順位は高過ぎない。

また、右の強打者狙いなら有薗直輝(千葉学芸)あたりがオススメだ。

おすすめ指名順位は3位指名!

●花田侑樹/広島新庄・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!