SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

直球に魅力がある左腕にも触手を!ソフトバンクが3位指名すべき山下輝/法政大

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
ソフトバンクホークス編

4年連続で日本シリーズを制し、「黄金時代」を築いているソフトバンク。しかし今季は開幕から故障による離脱者が相次ぐなど、万全の戦いを見せられていない。選手層の厚さは誰もが認めるところだが、ドラフトでは「育成重視」でいくべきか、「世代交代」を狙うべきか!?

シンプルな思考で今年のナンバーワン選手を!

ソフトバンクほど強気にドラフトに臨める球団はない。チームづくりの理想系ともいえるだけの人材を輩出しているからだ。
 通常、各球団は補強ポイントからその年度の上位指名を決めていくが、一方でナンバーワン選手が欲しいのに獲得できないジレンマが、多くの球団にある。

しかし、ソフトバンクにはそれがない。大きな穴が空いていないからだ。世代交代がうまくいっていないという事情があるにせよ、その候補となる選手はしっかりと存在する。ドラフトに間違いがあるわけではなく、どう戦力につなげていくかの課題だ。

つまり、今年のドラフトも、ソフトバンクは1番人気、あるいは、球団が定めるナンバーワンに絞ればいいわけである。

今年の注目は高校生投手だろう。どの投手を指名するかは評価によって、分かれるが、森木大智(高知)、小園健太(市和歌山)、風間球打(ノースアジア大明桜)辺りに絞って考えているのではないか。

スケールなどを考えるとやはり、中学時代に150キロを計測した森木の指名が最適と見る。球団には多くのスピードに長けた投手がいるだけに、この中に入ることで、森木自身の才能も磨かれるはずだ。

一方、スピードという観点でいうと、ストレートに魅力があるサウスポーにも触手を伸ばしたい。法政大の山下輝だ。原稿執筆時点では秋のリーグが見られないために未知数ではあるが、荒削りながらストレートが持ち味の山下はソフトバンクのチームカラーに最適かもしれない。

起用はセットアッパーからクローザー。モイネロの勤続疲労が囁かれるだけに、同じサウスポーがブルペンに加わると大きな武器になる。

下位で狙いを定めるとなると、大阪桐蔭のスラッガー池田陵真も三拍子が揃っていて楽しみな選手だ。守備力もあるから柳田の後継者としても大いに期待できる。

こんな指名はNGだ!

戦力層が厚いソフトバンクはそれほど即戦力に走る必要性がない。左腕はいつも欲しいが、右腕に関してはそれほど急ぐべきではないだろう。野手と同様に素材系の投手を指名し、ファームシステムに放り込むのが得策だ。捕手に関しては今季は指名しなくてもいいのではないか。

おすすめ指名順位は3位指名!

●山下輝/法政大・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!