SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

将来性重視で捕手の補強を!ロッテが3位指名すべき松川虎生/市和歌山

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
千葉ロッテマリーンズ編

昨季はシーズン2位、今季も優勝争いを展開するなど、井口資仁監督のもとで着実に力をつけているロッテ。その要因がここ数年のドラフト戦略にあるのは間違いない。若い選手が着実に力をつけ、チームの主力に成長。ドラフト巧者ぶりを発揮しているだけに、今年もその指名戦略が注目される。

1位はサウスポー2位以下で手薄な右打者を

トレード期限を目前にして、元広島の小窪哲也を獲得したロッテ。ここ数年、トレードに積極的だが、FAの福田秀平を除くと、その多くが右打者であるという事実は、チームのウイークポイントを示している。

中堅世代に中村奨吾がいるものの、今季プチブレイクした山口航輝など、右打者の層は薄い。ただ、1位候補に野手が少ないため、ひとまずは投手から狙っていくことになるのではないか。1位指名候補は昨年に引き続いてサウスポーを狙うことになるだろう。小島和哉、鈴木昭汰と近年のドラフトで成功しているところに厚みを加えたいはずだ。

即戦力として期待されるのが、佐藤隼輔(筑波大)、隅田知一郎(西日本工業大)あたりになる。ともに先発タイプとしての指名になるに違いない。昨年に引き続いて重複する可能性もあるだけに、競合に挑むか否かのドラフト戦略も気になるところだ。

 

将来性で高校生を指名することも検討したい。今年、春、夏の甲子園に出場した木村大成(北海)は消えるスライダーが武器になる。スケールの大きさでは松浦慶斗(大阪桐蔭)も狙い目だ。高校時代に不完全燃焼だっただけに、奮起が期待できる。センバツ優勝投手の石田隼都(東海大相模)、羽田慎之助(八王子)らを下位で狙いたい。

2位以下では右打者が補強ポイントだ。手薄な二遊間は、宮崎商のスラッガー・中村碧人、外野手では三拍子が揃った池田陵真(大阪桐蔭)、長打も期待できる吉野創士(昌平)なども候補として上がってくる。

また、捕手も補強ポイント。今季、田村龍弘が離脱して、慌てて加藤匠馬を中日からトレードしたように、人材が不足している。即戦力を睨みつつ、まずは将来性を重視したい。

高校生でもっとも評価が高いのは、松川虎生(市和歌山)だ。強肩ばかりが騒がれたが、広角に長打を放てるバッティングの評価が急上昇している。このほか大学生では古賀悠斗(中央大)がいる。

こんな指名はNGだ!

今季絶望だった石川歩や種市篤暉が来季は復帰するとみられる。右の先発タイプは即戦力を選ばない方がいい。二遊間も24歳以下は左打者に集中しているだけに、高卒ならまだしも大学・社会人は右打者に限定しておきたいところだ。投手は左、打者は右に偏った指名にしたい。

おすすめ指名順位は1位指名!

●松川虎生/市和歌山・捕手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!