SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

上位は即戦力投手を!阪神が1位指名すべき廣畑敦也/三菱自動車倉敷オーシャンズ

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
阪神タイガース編

矢野燿大監督のもと、久々の“優勝”が現実味を帯び始めた今季。昨年のドラフト1位・佐藤輝明を筆頭に、伊藤将司、中野拓夢らルーキーが軒並み1軍戦力になり、チーム力が格段に増した。改めて“ドラフトの力”を実感している阪神は、どんな指名戦略をとるべきか!?

野手は右、投手は左リリーフ補強も急務

ルーキー・佐藤輝明の衝撃的なデビューにより若手全体が活気づいた阪神。改めてドラフトの重要性に気づいているはずだ。

来季は高卒を多く指名した2019年の選手たちが3年目を迎えて続々デビューすることが見込まれるだけに、さらなる進化のために今年のドラフトもうまく成功させたい。

補強ポイントを見ていくと、右打者が大山悠輔と捕手の梅野隆太郎以外は外国人頼み。3年目になる井上広大の成長を待っている段階だが、全体の層の薄さは否めない。

 

しかし、今年のドラフトには二遊間にめぼしい選手がおらず、外野も上位指名という選手は少ない。まずは投手からというのが筋だろう。

阪神の現状で言うと、ひとまず、ブルペン強化は必要だろう。その1番手として、廣畑敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ)の指名を推したい。コントロールよく、ストレートも150キロを優に超えるため、リリーフ適性もある。

また、投手陣ではサウスポー不足が顕著だ。その象徴として、岩貞祐太や及川雅貴のように、本来は先発タイプの投手がリリーフを務めないといけない状況を招いている。

宮西尚生(日本ハム)や松永昂大(ロッテ)のような活かし方が必要なのかもしれない。

とはいえ、岩貞や及川がリリーフに回っている分、先発タイプの不足にもつながっていて、先発投手のサウスポーの指名は考えたい。1位だと佐藤隼輔(筑波大)隈田知一郎(西日本工業大)は候補になるだろう。中継ぎ候補では、山田龍聖(JR東日本)、山下輝(法政大)は独特のストレートを持っているだけに、リリーフ適性も見出せそうだ。

 一方の打線は右打者をいかに増やすことができるか。吉野創士(昌平)、ブライト健太(上武大)のほか、本職は捕手として注目される松川虎生(市和歌山)の打撃面を評価して、野手として指名するのも一つの手かもしれない。

こんな指名はNGだ!

チームには左の巧打者タイプが多く、ドラフトで同じような選手を獲る必要はない。それでも左打者を指名するのであれば、スラッガータイプに限定すべきだろう。また、先発タイプの投手はある程度コマが揃っており、1位指名以外は大卒、社会人ではなく高卒に絞ってもいい。

おすすめ指名順位は1位指名!

●廣畑敦也/三菱自動車倉敷オーシャンズ・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!