SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

中位で手薄な右打者を!楽天が下位指名すべき花田旭/大阪桐蔭

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
楽天イーグルス編

開幕前に田中将大が復帰し、実績抜群の超強力先発陣を形成した楽天。積極的な補強もしっかりと実を結び、今季は優勝争いを展開している。投打ともにタレントはそろっているが、近い将来の「勝利」を目指すのか、中長期的な「常勝化」を目指すかで、指名戦略は大きく変わってくる。

上位は投手陣補強も中位で手薄な右打者を

先発陣は来季も田中将大がいる前提として考えると、ローテーションはそれほど大きな変更はないはずだ。

若い世代の台頭も期待したいところではあるが、緊喫の課題としてはブルペンの強化、サウスポー、右打者になるのではないだろうか。

今季のドラフト市場を考えると、上位指名は投手に絞っていくのがベストだろう。

1位で狙うのは地元の仙台高出身のサウスポー・佐藤隼輔(筑波大)だろう。150キロのストレート、スライダー、チェンジアップを投げ分けるが、最も優れているのは投球フォームだ。右肩が最後まで開かないために球速以上のキレを感じさせる。イメージでは、大隣憲司(元ソフトバンク)に近いかもしれない。

 

サウスポーを欲しがる球団は多いが、地元の選手を重視するだけに、譲れないだろう。昨年と同じくパ・リーグ球団で争う形になるはずだ。

 2位以下の指名なら、山下輝(法政大)、中継ぎも可能な黒原拓未(関西学院大)などもいる。高校生では秋山正雲(二松學舍大附)なども候補になるだろう。

中継ぎ強化も急務だ。安楽智大のように先発からの転向組もブルペンを支えるが、専門的な投手も狙っていきたい。スライダーなど変化球が多彩な徳山壮磨(早稲田大)は中継ぎ適性がある。小木田敦也(TDK)は昨年の指名漏れからのプロ入りを狙う。

 一方、打撃陣の方では右打者が補強ポイントになる。遊撃手は昨年のドラフトで入江大樹を指名。今年は外野手を複数狙っていきたい。

とはいえ、辰巳涼介、島内宏明、オコエ瑠偉とスタメンは決まっていて、次なる選手もいる。指名するとしたら、将来性のある高校生がベストだ。候補になってくるのは、大阪桐蔭の4番・花田旭だ。同校のドラフト候補というと、池田陵真の名前が挙がるが、投手への対応力では花田が勝る。また、強肩も武器になる。他に、吉野創士(昌平)、徳丸天晴(智辯和歌山)も候補だ。

こんな指名はNGだ!

左打者の同タイプの偏向は長年の課題だ。シ ーズン中盤以降に勢いを保てないのはそのためで、今季も左打者、特に外野手は避けていきたい。指名するならスラッガータイプに限定すべきだ。即戦力は左腕で、右腕はローテが固まっているだけに、将来性を見据えたい。

おすすめ指名順位は下位指名!

●花田旭/大阪桐蔭・外野手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!