SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

打線の強化は最重要課題!中日が3位指名すべき前川右京/智辯学園

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
中日ドラゴンズ編

昨季は8年ぶりのAクラス進出も、今季は再びBクラスに沈んでいる中日。チームは典型的な「投高打低」で補強ポイントも明確と思える。とはいえ、投手指名ゼロというわけにはいかないのがドラフトの難しいところ。有識者が提言するオススメ選手はいったい誰だ!?

打線の強化は最重要課題!指名順位の妙がカギに

昨季Aクラス入りも、今季は攻撃陣が低迷して順位も低空飛行を続けた。早くから与田監督の解任論が噴出するなど、どん底の1年だったといえる。

それだけに、戦力補強、今年のドラフトへ懸ける中日ファンも多く、その期待に応えなければいけない。

補強ポイントは今季リーグで最低のチーム打率、得点、本塁打が示すように打撃陣だ。即戦力も含めて、打線の強化がテーマになるだろう。

しかし、今年は野手の即戦力が皆無に等しく、投手豊作の年と言われている。なんともツイていないのだが、素材系の投手を狙いつつ、他球団より指名順位を上げてスラッガーの獲得を目指すのではないか。

スラッガー候補として名前が挙がるのは、東海地区出身の二人、阪口樂(岐阜第一)と田村俊介(愛工大名電)だ。地元の選手を重視する球団だけに、上位の指名も大いにあり得るだろう。ヒットメーカータイプでは阪上翔也(神戸国際大附)が楽しみな存在で、中距離砲では前川右京(智辯学園)を狙ってもいい。ちなみに、前川の出身は三重県だ。

もっともすでに左打者に偏りがちなだけに、右打者の補強も進めたい。二遊間には該当選手はいないものの、外野手では高校・大学ともに、素材はいる。

 

高校生では池田陵真(大阪桐蔭)が上位候補に挙がる。高校の先輩・平田良介とポジションもプレースタイルもかぶるところは少し気がかりだが、早い段階からのデビューも見込めるだろう。

大卒ではセンターができるブライト健太(上武大)や福元悠真(大商大)らが候補に挙がってくる選手だ。中日は守備力も問われるために、あまり雑な選手は獲らないはずだから、この二人のうちのどちらかは狙いたい。

もっとも投手の枚数は増やしておきたい。鈴木勇人(創価大)、飯田琉斗(横浜商大)、高校生では花田侑樹(広島新庄)、田中楓基(旭川実)は中日が好みそうだ。

こんな指名はNGだ!

投手力はリーグトップの数字を残すなど安定感は抜群だ。クローザーは外国人頼みとは言え、来季、それほどの戦力ダウンにはならないはずだから、即戦力投手の指名は避けたい。できれば、野手の即戦力を狙いたいが、まずは地元のスラッガーを狙う事になるはずだ。

おすすめ指名順位は3位指名!

●前川右京/智辯学園・外野手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!