SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

1位は高卒投手がオススメ!広島カープが1位指名すべき森木大智/高知

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!
広島カープ編

2016年からリーグ3連覇を達成した選手たちが徐々に高齢化し、世代交代を推し進めている広島。一方、ドラフトでは2年連続で即戦力投手の一本釣りに成功するなど、巧者ぶりを発揮している。生まれ変わりつつあるチームだけに、今年のドラフトでどんな選手を指名するかも注目だ。

1位は高卒投手がオススメ!2位以下も投手メインでOK

2年連続のBクラスに低迷。一時期の勢いは薄れた印象はある。

しかし、再建期をモロに意識した1年となった今年は、野手陣に若手の台頭を見た。その代表格が小園海斗や林晃汰など。伸び悩みと言われた中村奨成も軍で姿を見せた。未来は明るいと言えるだろう。

その中での補強ポイントを探っていくと、1位指名は高校生投手に絞っていいのではないか。小園健太(市和歌山)、森木大智(高知)、風間球打(ノースアジア大明桜)達孝太(天理)らを狙っていい。

大瀬良大地と同じタイプである森木が広島には合致する。150キロをコンスタントに超えるストレートでぐいぐい押す。変化球もキレがある。投げていく中でピッチングを覚えていけば、大瀬良になれる素材だ。

2位以下も投手陣の指名に走っていいだろう。現状、サウスポーは塹江、高橋昂也、高橋樹也など枚数は充実しているよう見えるが、同世代に集中している。ここは高校生左腕の指名を狙っていきたい。

2位指名以降で残っていそうな人材だと松浦慶斗(大阪桐蔭)、木村大成(北海)の甲子園組がいる。実にあまたの逸材を輩出している大阪桐蔭は、高卒に限ると広島とは縁が薄い。あと一歩のところで逃してきているのだ。

チームの成績が下位で、2位指名のウエーバー順が早いだけに、松浦の指名が現実的かもしれない。

野手の方は本当に充実してきている。

ただ、その中でもあえて探っていくとなると、やや内野手が左打者に集中しているきらいがあり、右打者の補強は進めたいところ。

高校生内野手は有薗直輝(千葉学芸)くらいしか素材が見当たらないため、早い段階での指名があるかもしれない。

一方、外野手では福元悠真(大商大)や正木智也(慶應大)などの指名を狙っていきたい。

また、高校生捕手も補強したい。松川虎生(市和歌山)や中川勇斗(京都国際)も候補だ。

こんな指名はNGだ!

若手野手の充実度は12球団屈指といえる。上位指名は投手ばかりで占めるべきで、野手は3位以下に止めるのがベストだろう。それも野手は左打者が定位置を掴みつつある。右打者の補強こそがチームの戦力バランスを充実にするのではないか。

おすすめ指名順位は1位指名!

●森木大智/高知・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!