SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

左腕獲得で先発に厚みを!オリックスが1位指名すべき隅田知一郎/西日本工業大

Text:菊地高弘

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!オリックスバファローズ編

昨季の最下位から一気に優勝戦線へと躍り出たオリックス。近年ドラフトで指名した選手が軒並み主力へと成長し、指名戦略&育成システムがようやく日の目を見た格好だ。ただし、来季以降も強さをキープするためには、今年のドラフトも重要になる。果たして、有識者のオススメ選手は!?

左腕獲得で先発に厚みを!育成路線を着実に邁進中

近年の素材重視のドラフト育成が功を奏し、大躍進のシーズンを送っているオリックス。好循環のうちに新たな刺激剤を投入し、常時Aクラスを狙える体制を整えておきたい。

今季は山本由伸、宮城大弥がリーグを代表する存在に君臨したが、先発陣の駒は豊富とは言えない。そこでドラフト1位では高校生路線ではなく、隅田知一郎(西日本工業大)で勝負してはどうか。キレのあるストレートと、どの変化球でも勝負できる今永昇太(DeNA)タイプ。強敵になればなるほど牙をむく、ギラついたマウンドさばきも頼もしい。山本や宮城など同年代と刺激を受け合い、プロでさらに進化する未来予想図が湧いてくる。

一方、リリーフ陣は年間通して信頼の置ける投手がいなかっただけに、ドラフト中位から下位では即戦力リリーフも獲得しておきたい。

左腕なら黒原拓未(関西学院大)、石森大誠(火の国サラマンダーズ)。

右腕なら横山楓(セガサミー)、鈴木大貴(TDK)が候補に挙がる。もし、椋木蓮(東北福祉大)がドラフト中位まで残っていれば、確実に抑えたい。サイドに近い角度からの快速球は抜群の球質を誇り、短いイニングでより実力を発揮できるタイプだろう。

野手陣はレギュラー遊撃手に抜擢された紅林弘太郎を筆頭に、太田椋、来田涼斗ら養成中の楽しみな若手がひしめく。強いて言えば長距離砲タイプの選手が少ないので、ドラフト上位なら正木智也(慶應大)、ブライト健太(上武大)らウエーバーで、残った逸材を見逃さずに確保したい。

中位から下位でオススメなのは、巨漢スラッガーの鵜飼航丞(駒澤大)。ツボにはまった際の長打力だけでなく、詰まりながらヒットゾーンに落とすしぶとさもある。DHを使えるパ・リーグ向きの打者と言えるだろう。

今季から3軍の運用を始めただけに、素材型の選手獲得も欠かせない。ソフトバンクに負けない、骨太のスター選手が輩出されるのか。「育成のオリックス」の芽は着実に育っている。

こんな指名はNGだ!

昨年はドラフト6位で28歳のオールドルーキー・阿部翔太を指名。好みは分かれるだろうが、個人的に大賛成である。育成と即戦力のバランスが取れていれば問題なく、年長選手の励みにもなる。阿部は入団後に即戦力の働きを見せられていないが、ごく少数でいいので年齢に囚われない指名を続けてほしい。

おすすめ指名順位は1位指名!

●隅田知一郎/西日本工業大・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!