SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

即戦力より将来性重視で!巨人が3位指名すべきブライト健太/上武大

Text:西尾典文

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!読売ジャイアンツ編

セ・リーグ3連覇を目指す今季も阪神、ヤクルトと優勝争いを展開する巨人。ドラフトでは決してクジ運に恵まれているとは言えないが、2014年1位の岡本和真が不動の4番に成長し、2018年1位の髙橋優貴が今季ブレイクを果たすなど、一定の結果は残している。

競合を恐れずに大物を!即戦力より将来性重視で

リーグ3連覇を狙える位置につけていることからも分かるように投手、野手ともに他球団と比べても豊富な戦力を抱えているが、やはり気になるのは主力の高齢化だ。野手では岡本和真が不動の4番となり、投手では髙橋優貴、戸郷翔征が奮闘しているが、若手のレギュラーは決して多くない。特に投手はエースの菅野智之に少し陰りが見えてきており、太い柱は必要となる。

今年は高校生に有望株が多いだけに、上位で最低でも一人は指名しておきたいところだ。チームのイメージと当てはまる投手と言えば風間球打(ノースアジア大明桜)になるだろう。ストレートは大学生、社会人を含めてもナンバーワンの迫力でスケールの大きさも抜群。抽選を恐れずに狙ってもらいたい。

もし風間を外して高校生の有望株も残ってない状況となれば、リリーフタイプの剛腕に切り替えるというのも悪くない。そうなると筆頭候補として推したいのが椋木蓮(東北福祉大)だ。

常時150キロを超えるストレートだけでなく高い制球力も備えており、リリーフなら早くからの戦力として期待できる。ブルペン陣は外国人選手への依存度が高いだけに、椋木が加われば一気に将来が明るくなるだろう。

一方の野手は岡本の下の世代に右の強打者タイプが少ないだけに最低でも一人は確保しておきたい。特に外野手は左打が多いだけに狙いたいポイントだが、まず候補となるのは正木智也(慶應大)だ。ただ実績も十分で場合によってはかなり早く指名されることも考えらえるだけに、その次の候補も抑えておきたい。面白いのがブライト健太(上武大)だ。今年の春突如ブレイクした右の外野手で、まだまだ攻守に粗さはあるものの、運動能力の高さと長打力は大きな魅力だ。

下位か育成で狙う高校生としては前田銀治(三島南)も面白い。体の強さと脚力があり、プロで鍛えがいのある選手だ。ソフトバンクに対抗するためにも、ある程度の欠点や粗さには目をつぶって、育成では尖った部分のある選手を狙ってもらいたい。

こんな指名はNGだ!

過去5年間は1位の抽選を外し続けているが、チーム事情を考えても大物選手に向かうという姿勢は正しいように感じる。気をつけたいのは抽選で外し続けたことをマイナスと考えて、格を落として単独指名を狙うことだ。育成で多くの選手も確保しているだけに、1位は今年も一番人気の選手を狙いたい。

おすすめ指名順位は3位指名!

●ブライト健太/上武大・外野手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!