SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

二遊間の底上げも重要に!ロッテが4位指名すべき粟飯原龍之介/東京学館

Text:西尾典文

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!千葉ロッテマリーンズ編

昨季はシーズン2位、今季も優勝争いを展開するなど、井口資仁監督のもとで着実に力をつけているロッテ。その要因がここ数年のドラフト戦略にあるのは間違いない。若い選手が着実に力をつけ、チームの主力に成長。ドラフト巧者ぶりを発揮しているだけに、今年もその指名戦略が注目される。

先発左腕獲得で投手王国を!二遊間の底上げも重要に

昨年は早川隆久を外して同じサウスポーの鈴木昭汰を指名。鈴木はシーズン当初先発としても起用されていたが、タイプ的にはリリーフ向きでプロでは中継ぎも経験している。他の先発候補を見ても右は豊富だが左はやはり手薄な印象を受けるだけに、今年もまずは先発タイプのサウスポーを狙いたいところだ。一方の野手は二遊間が気になるところ。セカンドは中村奨吾が不動のレギュラーだがショートはなかなか固定できず、期待していた平沢大河の伸び悩みが響いている印象だ。福田光輝、小川龍成なども指名はしているが、将来を考えてある程度スケールのある二遊間の内野手を一人は確保しておきたい。

また、若手で右の強打者タイプは山口航輝とルーキーの西川僚祐くらいしか見当たらないため、こちらも積極的に狙いたい。

サウスポーで昨年の早川に似た先発タイプの投手となると真っ先に名前が挙がるのは佐藤隼輔(筑波大)だ。今年の春は少し調子を落としたが、それでもリーグ戦での実績は申し分なくストレートも変化球もボールの質は非常に高い。ロッテにとっては最も欲しいタイプのピッチャーと言えるだろう。佐藤を外した場合は少しタイプが違うものの、森翔平(三菱重工West)、山田龍聖(JR東日本)の社会人投手も候補となる。どちらもストレートに力がある先発タイプで、左投手が欲しい球団は上位指名の可能性は高い。

二遊間の選手は今年確実に上位指名されそうな選手は不在の印象だが、4位程度で狙える高校生でオススメしたいのが地元の選手でもある粟飯原龍之介(東京学館)だ。元々は細身でスピードが武器のタイプだったが、年々パワーアップして最終学年にはホームランも量産している。大舞台での実績はないものの、今年の高校生ショートではトップクラスの選手である。
 右の外野手は中堅層も数が少ないだけに社会人3年目の向山基生(NTT東日本)も面白い。パンチ力だけでなく守備力も高く、早くから1軍の戦力として期待できるだろう。

こんな指名はNGだ!

昨年は早川を外して鈴木を指名したが、同じサウスポーではあるもののタイプは異なるため疑問を感じた。力のある左投手というのは確かに必要だったが、適性はもう少し考えるべきだろう。今年も最初の入札で左の先発を狙う可能性は十分にあるが、外した時は利き腕だけでなく選手の適性も考慮したいところだ。

おすすめ指名順位は4位指名!

●粟飯原龍之介/東京学館・内野手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!