SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

慢性的な右の強打者不足!楽天が2位指名すべき正木智也/慶應大

Text:西尾典文

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!楽天イーグルス編

開幕前に田中将大が復帰し、実績抜群の超強力先発陣を形成した楽天。積極的な補強もしっかりと実を結び、今季は優勝争いを展開している。投打ともにタレントはそろっているが、近い将来の「勝利」を目指すのか、中長期的な「常勝化」を目指すかで、指名戦略は大きく変わってくる。

慢性的な右の強打者不足!投手陣は若返りが急務か

過去2年間の大型補強が奏功して今年は優勝争いに絡んでいるが、全体的にレギュラー陣の高齢化が目立つ。特に先発投手陣はルーキーの早川隆久以外は軒並みベテラン揃いで、来年以降は成績の下降が予想される。ドラフト1位で期待して獲得した投手の伸び悩みも目立つだけに、早めに手を打つ必要はありそうだ。野手もオコエ瑠偉に開花の兆しが見られるのはプラスだが、こちらも若手のレギュラーは少なく、特に右の強打者タイプが軒並み伸び悩んでいるのは気がかりだ。

まず手を付けたいのが先発投手の若返りだ。昨年も早川を獲得できたが、バランスを考えると左投手を狙いたいところ。そんな需要にピッタリ当てはまるのが佐藤隼輔(筑波大)だ。バランスの良いフォームで総合力は大学球界でも屈指で、まだまだ成長も期待できる。地元仙台出身というのもチームと佐藤自身にとってプラスとなる面は多いだろう。

野手ではやはり右の強打者タイプが必要不可欠だが、筆頭候補となるのは正木智也(慶應大)だ。守備、走塁に特徴がなく、少しバットが外回りするスイングの軌道も気になるものの、ボールを遠くへ飛ばす能力に関しては今年の候補全体の中でも間違いなく屈指の存在だ。高校時代から注目されてきた中で、最終学年にもしっかりと結果を残している点も安心感がある。同じ慶應大出身で停滞している岩見雅紀に刺激を与えるという意味でも狙いたいところだ。上位を投手で占めて、下位で狙うというのであれば鵜飼航丞(駒澤大)、池田来翔(国士館大)なども候補になるだろう。

野手でもうひとつ気になるのがショートだ。小深田大翔は送球に難があるだけに、守備力の高い選手を一人は指名しておきたい。高校生でオススメなのが浜岡陸(花咲徳栄)だ。フットワーク、スローイングとも安定感は抜群で、プレーのスピード感も申し訳ない。進路に関しては不確定なところがあるものの、プロ志望ならぜひとも狙いたい選手である。

こんな指名はNGだ!

昨年は投手で一番人気の早川を獲得したが、それ以前の年を見ると大成功は少ないという印象を受ける。特に気になるのが2位指名だ。補強ポイントを重視し過ぎて相対的な評価より順位が高い選手が多く見られる。良い選手を指名するというシンプルな考えを無視して順位を繰り上げるような指名は避けたい。

おすすめ指名順位は2位指名!

●正木智也/慶應大・内野手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!