SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

投手陣の立て直しが先決!日本ハムが1位指名すべき小園健太/市和歌山

Text:西尾典文

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!北海道日本ハムファイターズ編

近年、方針のブレないドラフト戦略と育成力が称賛されてきた日本ハムだったが、主力流出のサイクルに育成が追いつかなくなってきた感がある。今季はパ・リーグ最下位と苦しい戦いが続くが、今後の巻き返しのためにも今年のドラフトが本当の意味で真価を問われることになる。

チームは完全に過渡期!投手陣の立て直しが先決

シーズン途中の中田翔の退団もあって長打力、得点力不足が気になるところだが、長期的に見ると野村佑希、清宮幸太郎、万波中正など若手の強打者候補は揃っている。逆に投手陣はルーキーの伊藤大海の奮闘はあるものの、先発もリリーフも若手の有望株は少ないだけに、まずは投手陣の層を厚くすることを考えたい。最優先すべきは伊藤に続く将来のエース候補だが、最もオススメしたいのは小園健太(市和歌山)だ。

ボールの力はもちろんだが、コントロールや投球術も高レベルで、さらに投手としての高い意識も感じられる。同じく野球脳の高い伊藤の影響を受けて成長することも考えられ、伸び悩んでいる吉田輝星に刺激を与えるという意味でも期待できる投手と言えるだろう。もし抽選で外しても達孝太(天理)などエース候補として期待できる投手を積極的に狙いたい。

リリーフも手薄なだけにできれば早くから使える投手を一人は確保しておきたいところだが、チームの需要に当てはまるのが横山楓(セガサミー)だ。大学まではもうひとつ特徴がなかったものの、社会人2年目の今年は見違えるようにストレートが力強くなり、日本選手権でも5者連続三振を奪うなど好投を見せた。短いイニングであればストレートで圧倒できる球威があり、セットアッパー候補として期待できる。左投手であれば面白いのが石森大誠(火の国サラマンダーズ)だ。

新興リーグの九州アジアリーグ所属ながら、常時150キロを超えるストレートの勢いは圧倒的なものがある。左の本格派が少ないチーム事情にマッチした投手と言えるだろう。

野手では外野の若手が少し手薄だけに一人は確保したいが、打力があるタイプでは川村友斗(仙台大)が候補となる。仙台六大学では早くから中心選手として活躍している左の強打者で、広角に打ち分ける上手さと長打力も備えている。近い将来、万波や五十幡亮汰などとともに、レギュラー争いをするだけのポテンシャルは十分に秘めた選手である。

こんな指名はNGだ!

新球場の開場が2023年に控えているが、それに合わせて北海道出身の選手が増えていることだ。伊藤のように文句なしの実力があれば良いが、実力よりも出身を優先するのはチーム力の低下を招きかねない。今年も北海道出身の候補はいるものの、無理に順位を上げるような指名は避けるべきだろう。

おすすめ指名順位は1位指名!

●小園健太/市和歌山・投手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!