SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

更なる高校生路線の加速を!オリックスが1位指名すべき阪口樂/岐阜第一

Text:西尾典文

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!オリックスバファローズ編

昨季の最下位から一気に優勝戦線へと躍り出たオリックス。近年ドラフトで指名した選手が軒並み主力へと成長し、指名戦略&育成システムがようやく日の目を見た格好だ。ただし、来季以降も強さをキープするためには、今年のドラフトも重要になる。果たして、有識者のオススメ選手は!?

更なる高校生路線の加速を!正捕手候補も狙いたい

抽選での外れはあったものの過去3年間の上位指名6人中5人が高校生という思い切った指名を断行し、ここから宮城大弥、紅林弘太郎が飛び出してチームの雰囲気はガラッと変わった。チームが低迷しているとどうしても即戦力を狙いたくなるが、そんな欲求を捨ててスケールを重視した指名が奏功したことは間違いないだろう。

戦力的には若手に有望な投手が多く、一方の野手は吉田正尚のA権取得が近づいているだけに、野手を優先したいところだ。今年は昨年入札した佐藤輝明のような大学生の大物はいないものの、高校生でオススメしたいのが阪口樂(岐阜第一)だ。最終学年はなかなか結果が出なかったものの、2年夏に見せた豪快なバッティングはとても高校生とは思えないものだった。右打者は紅林、太田椋、元謙太、左打者は来田涼斗に加えて阪口が並ぶような打線ができれば、チームの将来は一気に明るくなるだろう。

野手でもうひとつ気になるのが捕手だ。不動の正捕手は不在で若手も育成が多いだけに、一人は有望株を確保したい。思い切って上位で狙うなら古賀悠斗(中央大)が筆頭候補となる。守備面は下級生の頃から定評があり、打撃もここへ来て急成長を見せている。もし獲得できれば近い将来の正捕手として期待できるだろう。

投手陣で気になるのは左のリリーフ不足だ。ストレートに力のあるタイプなら地元関西の黒原拓未(関西学院大)となるが、春には大学選手権で活躍したこともあって高い順位で消える可能性も高い。そこで4位以下の順位で狙えそうな投手としてオススメしたいのが桐敷拓馬(新潟医療福祉大)。ストレートはそこまで驚くような速さはないが、変化球のレベルは高く、奪三振率の高さが大きな魅力だ。大学では先発だが、短いイニングならスピードアップも期待できる。同じ大学生の左腕では伊藤稜(中京大)も狙い目だ。ボールの見づらいフォームでスピードもあるだけに、短いイニングで力を発揮する可能性は高いだろう。

こんな指名はNGだ!

若手の急成長もあって一気に優勝を争うチームとなったが、大事なのはここから守りに入らないこと。大学生、社会人でも1年目からいきなり活躍する選手は少ないだけに、中途半端な即戦力を狙って目先の弱点を埋めるのではなく、過去3年と同様にチームのスケールを大きくするような指名を期待したい。

おすすめ指名順位は1位指名!

●阪口樂/岐阜第一・内野手


出典:『がっつり! プロ野球(29)』

『がっつり!甲子園2021』9月29日発売!