SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

世代最強エース、奥川恭伸(星稜)が目標に置くプロ野球選手とは

理想は負けない投手。総合力で勝負したい

令和初の甲子園。栄冠はどの学校に輝くのか。 その一角に挙げられる星稜高校(石川)をけん引するのが、世代最強エースと呼ばれる奥川恭伸(3年)だ。

世代最強エースの名にふさわしくその経歴はピカイチ。宇ノ木中時代に全国制覇。星稜では1年春からベンチ入り。18年センバツから3季連続で甲子園出場。2年生でただ一人U-18高校日本代表に選出された。

今年のセンバツ1回戦、履正社(大阪)戦では、自己最速151キロを記録。3安打完封、17奪三振と能力を見せつける。

センバツ後、右肩の違和感から戦列を離れていたが、春季北信越大会で公式戦復帰。決勝の敦賀気比(福井)戦では9回を投げ抜いて見事に優勝という結果を出した。この夏は佐々木朗希(大船渡)が注目を浴びているが、球速以外の多くの部分で奥川恭伸は佐々木朗希を上回っている。

そんな奥川恭伸は夏の甲子園大会へ向けて、インタビューで次のように語っている。

――甲子園には3度出ていますが、どんな経験になっていますか?

奥川 3回も経験させてもらって、いい高校生活を送れていると実感しています。最後の夏も甲子園に出場して成長したいなと思います。

――甲子園はどういう所がすごいと思いますか

奥川 力のあるチームが出場してきますし、観客の方もたくさんいて特別な場所ですよね。120%の力を出させてくれるところです。

――理想のピッチングはありますか?

奥川 負けない投手を理想にしていて、投げミスの少ない投手になりたいですね。理想は投げミスが1球もなくて、自分の思ったところに全部投げる。究極にはそこかなと思います。

――投手だと球速、球威、コントロール、変化球のキレなど優先順位がありますが、どういう順番になりますか?

奥川 全部上げたいです。順番とかではなくて、すべての総合力を上げたいなって思っています。ひとつだけに突出してしまうと、そこを狙われたり、弱点が出来てしまう。そこは全部、一緒なくらい成長させたい。

――全てで勝負できる投手。プロ野球選手で例えると誰になりますか?

奥川 菅野智之投手です。そういうところを目標にやっていけば、方向性は間違っていないと思っています。

――優勝へのプレッシャーは感じますか。

奥川 プレッシャーを感じながら試合をすることが自分たちにとっていい経験になります。しっかりと勝ち切る強さをつけようと意識してきたことなので、それを発揮する場面だと思う。自分たちはいい経験をさせてもらっているので、経験を生かして堂々と戦いたいと思います。

インタビューは『がっつり!甲子園2019』より一部を抜粋
インタビュー:氏原英明
写真:花田雪

『がっつり! 甲子園2019』7月2日発売!

《注目ラインナップ》
令和元年の甲子園注目選手が丸分かり!!
■スペシャルインタビュー
及川雅貴(横浜高)、奥川恭伸(星稜高)、他
■令和の怪物は誰だ!?
■あれから一年…
100回目の夏を彩ったヒーローたちの現在地
■全国49地区夏の甲子園データベース
■全国要注目選手ガイド
■吉田輝星はやっぱり凄かった!
■「サイン伝達」問題から透けて見える高校野球の問題点
■終わらない議論。高校野球における球数制限問題
その他、注目トピックス満載!!

【書誌情報】
『がっつり! 甲子園2019』
令和の怪物は誰だ! ?
大注目の佐々木朗希(大船渡)を始め、奥川恭伸(星稜)、及川雅貴(横浜)、 西純矢(創志学園)など、逸材投手陣を徹底特集! ! さらに毎年見どころの「各県総力データ」や、甲子園にもうすぐ手が届く「悲願校」。 昨夏のスターたちの現在地など、高校野球ファンなら見逃せない情報満載の一冊! !