SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

打者記録はONの独壇場か!?日本シリーズ個人記録アレコレ

Text:花田雪

出場数の多い黄金時代の巨人&西武勢が並ぶ

日本シリーズの「通算記録」を見ると、やはり出場回数の多いV9時代の巨人、黄金時代の西武を支えた面々が名を連ねる。その中でも王貞治、長嶋茂雄のONコンビはやはり出色。長嶋はMVP受賞回数、安打数、打点数で、王は出場数、本塁打数でともに歴代1位と、通算打撃成績1位をほぼ独占。そこに「通算打率」で唯一食い込んだのが、ONを監督として率いた川上哲治というのも面白い。西武勢では清原和博が三振数で、工藤公康が奪三振でともに1位を記録しているが、このふたりは西武以外の球団でもシリーズ出場を経験。やはり、日本シリーズにおける「巨人ブランド」は強い。

そんな中、通算8セーブで歴代1位を記録しているのが高津臣吾。ヤクルトのストッパーとして実に4度、胴上げ投手に輝き、日本シリーズでは通算失点ゼロ。セーブ失敗が一度もない完ぺきな守護神ぶりを見せた。シリーズ記録に目を移すと、「不滅の記録」と言えるのが稲尾和久、杉浦忠の4勝だろう。日本シリーズが4戦先勝方式を変更しない限り、この記録は並ばれることはあっても抜かれることは絶対にない。特に1959年の杉浦は巨人を相手に4連投4連勝という超人ワザを披露。現代ではありえない起用法&投球で、伝説を作った(ちなみにこの年はシーズンでも38勝4敗という超人的な記録)。記憶に新しいところで言うと、2005年の今江敏晃の爆発ぶりも特筆もの。第1戦の初打席から8打数連続安打(シリーズ記録)を樹立するなど、15打数10安打で打率・667。わずか4試合ではあるが、これは規定打席以上のシリーズ歴代最高打率だ。また、2015年に山田哲人が記録した1試合3本塁打も、長いシリーズの歴史上唯一の記録だ。

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!

「がっつり!プロ野球」27号 2020年ドラフト特集号
『インタビュー』
佐野恵太(DeNA)ドラ9が4年で4番主将になるまで
戸郷征郷(巨人)新エース候補は20歳
浅村栄斗(楽天)CSそして優勝へキーマン登場!
田澤純一(BC群馬)日本でプレーするその理由
高木豊 野球youtuberの先駆者が語る令和の野球界

『特集』
・48ページぶっこ抜き!12球団、この選手を獲れ
・ドラフトライターイチ押し!隠し玉はこの選手だ!
・佐々木朗希は奥川恭伸は?ドラ1ルーキーの現在地
・明日の佐野恵太はここにいる!ブレイク候補を青田買い!
・鈴木尚広から周東佑京まで!今昔「足のスペシャリスト!」
・あのレジェンドが現役だったら?「妄想年棒」の世界
・今オフはFAが凄いかも!? ストーブリーグ大予想!
・森梅野會澤大城!打てる捕手が増えてきて嬉しいぞ特集!!
・30代になってブレイクする選手も!遅咲き名選手特集!!
・みんなツイッター好きだよねえ。この#ハッシュタグが凄い!!
・12球団日本シリーズ:ベスト&ワーストバウト!!

・・・など今号も全ページ野球のウンチク満載です!!