SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

近年はソフトバンク圧巻も通算では?CS最強チームはどこだ!?

Text:花田雪

実はCSに強い中日!オリックスは通算1勝

2007年からセ・パ両リーグで開催されているクライマックスシリーズ(以下CS、2006年までの3年間はパ・リーグのみプレーオフを開催しているが、本稿の記録には含まない)。今季はコロナ禍の影響でセ・リーグは開催なし、パ・リーグは1、2位球団のみが参加するイレギュラーなシーズンとなるが、改めて過去の記録を振り返ってみよう。CS通算勝利数1位は、ソフトバンク。プレーオフ時代〜CS初期は「短期決戦に弱い」イメージが強かったが、2010年代以降は他を寄せ付けない強さを見せ、ここ2年間はシーズン2位からCSを勝ち上がって日本一に上り詰めるなど、「短期決戦の鬼」と化している。セ・リーグのCS最多勝は巨人の24勝。ただし、同じく最多を誇る12回のCS出場数を考えると、やや物足りない数字ともいえる。実際に負け数は27と勝利数を上回っており、CS通算勝率は・471。決して短期決戦に強いとは言えない結果となっている。 

『出れば強い』と言えるのが、意外かもしれないが中日。特に落合政権下での強さは特筆モノで、2007年の第1回CSから6年連続でCSに出場(落合監督は2011年で退任)し、3度の日本シリーズ出場。ファーストステージでの敗退は一度もない。下剋上のイメージが強いロッテは、ファーストステージこそ5回出場して4回勝利と抜群の強さを誇る一方で、ファイナルは4回の出場で日本シリーズ出場は一度だけ。イメージほどCS巧者ではない。日本ハムはロッテとは逆でファーストステージ勝ち上がりは5回中2回だが、ファイナルは6戦4勝。ここ一番での強さが際立つ結果となっている。そんな中、「CSで勝てない」球団の代表格が阪神だ。コンスタントにAクラスに顔を出すため、CS出場数は8回(すべてファーストステージから)と多いが、ファイナル進出はわずか2回しかない。同じく西武も通算8回出場で日本シリーズまで辿り着けたのは1回のみ。また、オリックスは12球団で唯一、ファイナル進出経験がなく、CS通算でもまだ1勝しか挙げられていない。

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!

「がっつり!プロ野球」27号 2020年ドラフト特集号
『インタビュー』
佐野恵太(DeNA)ドラ9が4年で4番主将になるまで
戸郷征郷(巨人)新エース候補は20歳
浅村栄斗(楽天)CSそして優勝へキーマン登場!
田澤純一(BC群馬)日本でプレーするその理由
高木豊 野球youtuberの先駆者が語る令和の野球界

『特集』
・48ページぶっこ抜き!12球団、この選手を獲れ
・ドラフトライターイチ押し!隠し玉はこの選手だ!
・佐々木朗希は奥川恭伸は?ドラ1ルーキーの現在地
・明日の佐野恵太はここにいる!ブレイク候補を青田買い!
・鈴木尚広から周東佑京まで!今昔「足のスペシャリスト!」
・あのレジェンドが現役だったら?「妄想年棒」の世界
・今オフはFAが凄いかも!? ストーブリーグ大予想!
・森梅野會澤大城!打てる捕手が増えてきて嬉しいぞ特集!!
・30代になってブレイクする選手も!遅咲き名選手特集!!
・みんなツイッター好きだよねえ。この#ハッシュタグが凄い!!
・12球団日本シリーズ:ベスト&ワーストバウト!!

・・・など今号も全ページ野球のウンチク満載です!!