SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

坪井洸之介などプロ注目選手多数擁する創志学園に注目!岡山地区の甲子園での戦い&夏の展望とは!?【がっつり!甲子園2021】

Text:小林雄二

全国49地区 夏の大会データベース
【岡山】

西純矢(阪神)をはじめ近年好投手を輩出している岡山勢。甲子園での勝ち星こそ伸びていないが、ボトムアップ感は中国一。強豪県の仲間入りを果たしても不思議はない。

《2021年 センバツ結果》出場なし

●甲子園での戦い&夏の展望
今夏の筆頭株は創志学園2枚看板擁す岡山学芸館2校が軸の覇権争いか!?

高田萌生(楽天)や西純矢(阪神)ら好投手の出現もあって岡山のボトムアップ感は中国一。過去10年は7勝9敗と印象ほど勝ち星は伸びていないが、このうち3勝を挙げてベスト4に進出したのが2011年の関西だ。同年は初戦でセンバツ準優勝の九州国際大付(福岡)と対戦。延長12回の熱戦の末、渡辺雄貴(元横浜DeNA)の決勝打で3対2で撃破、勢いに乗ったその後の戦いも見事だった。

今夏の岡山は、創志学園が筆頭株。左の巧打者・坪井洸之介(父は元阪神の坪井智哉)、右のクラッチヒッター・岡崎虎太郎のいる攻撃陣は力強さと機動力を兼備。本格派右腕の川端師童、制球力の高い左の河野優作とタレントも揃っており、ある甲子園優勝監督が「全国制覇できる」と唸った大型チームは昨秋、今春の県大会、そして春の中国大会を制すなど地力は中国地方の中でも頭ひとつ抜けた存在だ。

後を追うのは大型右腕・仲村竜、好左腕・西村陸努のいる岡山学芸館、昨夏の県覇者で今春県準優勝の倉敷商、同4強の倉敷工、そして春に岡山理大附、関西、おかやま山陽を撃破し旋風を起こした総社南、1年夏のノーヒッター・長谷川康生のいる玉野商工も侮れない。

過去10年岡山 夏の甲子園/地方大会決勝戦績

全国49地区夏の甲子園DATABASE【中国編】

夏の優勝を経験しているのは広島と山口。しかし直近の優勝となると33年前の1988年、広島商まで遡ることに。現状を打ち破るのは、近年総合的なポテンシャルを上げている岡山か、王国の一角・広島か、それとも…

今年もやっぱり暑い夏!各県にみえる傾向縮図

岡山は「全国制覇もできる」との呼び声もある創志学園が頭ひとつ抜けた存在。追いかけるのは岡山学芸館。この2校に古豪の倉敷商、倉敷工、関西、岡山理大附、おかやま山陽などが挑む図式となりそうだ。夏の甲子園勝率ランキングで全国4位の広島は昨秋、今春の県王者・広島新庄が筆頭格。これに広陵、広島商、そしてオールドファンには懐かしい呉港、第グループを形成する西条農、如水館、尾道、高陽東、崇徳らが挑む。

群雄割拠の山口は攻守に力のある下関国際が大本命。とはいえ、高川学園はじめ早鞆、西京、桜ヶ丘、岩国商、宇部鴻城、柳井、光、宇部商、早鞆などにも力があり、今年も激しい戦いが展開されそう。鳥取は、今春センバツで優勝した東海大相模相手に0対1と大健闘した鳥取城北と米子松蔭が強を形成。米子東、八頭、鳥取商といった実力校が“2強喰い”に挑む。島根の中心軸は立正大淞南。プラス石見智翠館、開星という私立3強のイメージが強いが、浜田、矢上、大田など普通科の公立勢も全国を狙える位置にいる。

過去5年 中国 地方大会結果

『がっつり!甲子園2021』7月5日発売!

2年ぶりの夏が戻って来た!自粛ムードにつつまれた日本列島に清々しい活気の旋風を巻き起こす球児たち!この夏の主役候補たちに大接近!春夏連覇を目指す東海大相模の門馬監督と石田隼都投手!ドラ1候補、大注目の小園健太投手(市立和歌山)、達孝太投手(天理)の直前の意気込み!甲子園を目指しユニークなチームづくりを仕上げてきた注目校もクローズアップ!高校野球ファンのあなたにぜひ手に取ってみて欲しい一冊です! !