SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

プロ注目の清水叶人擁する健大高崎を下し30年ぶり3回目の出場決めた樹徳に注目!群馬地区の甲子園での戦い&夏の展望とは!?【がっつり!甲子園2022】

Text:落合初春

全国49地区 夏の大会データベース
【群馬】

《2022年 センバツ結果》出場なし

●甲子園での戦い&夏の展望
絶対王者・前橋育英が5大会連続出場中!健大高崎や桐生第一ら強豪の逆襲なるか

夏の甲子園は前橋育英が5大会連続で出場中。もはや夏の絶対王と呼んで差し支えあるまい。なにしろ昨年の春季大会において3回戦敗退を喫しながら、夏はきっちり仕上げてきて優勝。夏の戦い方、勝ち方を知り尽くしているといえる。この前橋育英を軸に、健大高崎や桐生第一、太田や関東学園大附、東農大二ら強豪が絡む、というのが夏の群馬大会の基本的な構図だ。今夏もその構図に大きな変化はなさそうだ。

今夏の本命も前橋育英と見ていい。春季大会を制し、関東大会では8強止まりだったが、夏の戦い方を知っているという強みがある。

その包囲網の筆頭はプロ注目捕手・清水叶人擁する健大高崎。春季大会決勝では前橋育英に1対2で惜敗したものの実力は伯仲、前橋育英の牙城を揺るがすに足る実力はある。ただし、夏の県大会「決勝の直接対決」では未だ勝利したことがない。このジンクスを突き破れるかどうかにも注目したい。

包囲網の2番手は桐生第一。最速145キロのプロ注目右腕・北村流音の成長次第で番狂わせを演じることもできそうだ。不気味な存在として最速146キロのプロ注目右腕・内田湘大(高校通算24本塁打)擁する利根商を挙げておきたい。春季大会で4強
入りを果たすも、新型コロナにより健大高崎との準決勝を辞退。リベンジに燃えているはずだ。

全国49地区夏の甲子園DATABASE【関東編】

●センバツ4強に2校を送り込んだ
例年の関東は、各地区内の絶対的2強を軸に夏の大会が展開されることが多かった。たとえば神奈川の東海大相模と横浜の決勝対決は神奈川の夏を彩る風物詩だ。しかし今夏に限っては2強ではなく、頭ひとつ抜け出した大本命が存在し、「大本命とその包囲網」という構図になっている。

今夏の関東のトレンドは「大本命とその包囲網」

本命と対抗という絶対的2強が軸になる例年と違い、今夏の関東は1強が県内無双状態というところが多く、そのため対抗は不在。「大本命とその包囲網」ないしは「三つ巴」という構図になっているようだ。

茨城の大本命は明秀日立。元来の茨城4強(常総学院、土浦日大、霞ヶ浦、藤代)は今夏、明秀日立の包囲網という立ち位置だ。

栃木の大本命は、今年も県内無双の作新学院。群馬は前橋育英。健大高崎と利根商の巻き返しに期待したい。

埼玉は浦和学院。山村学園と花咲徳栄がどこまで仕上げてくるかに注目だ。

東東京は帝京に注目。関東第一、二松學舎大附とともに三つ巴。西東京は東海大菅生が本命だが、日大三、國學院久我山とともにこれも三つ巴といえそうだ。

千葉の本命は夏の勝ち方を知る木更津総合。

神奈川の本命は桐光学園。春季大会は8強で消えた神奈川の絶対的2強(東海大相模と横浜)の今後を占う大会になりそうだ。

山梨の本命はやはり山梨学院。東海大甲府と甲府城西の逆襲はあるのか。

今年の関東も熱(暑)そうだ!

出典:『がっつり!甲子園2022』

『がっつり!甲子園2022』7月5日発売!

ブラバン応援も復活で甲子園へ夏きゅん‼︎コロナ下で、対外試合や練習方式に制限を受けた世代の球児たちが最後の夏にすべてのパワー全開で一躍雄飛する!この夏の主役候補たちに大接近!代替出場のセンバツで準優勝を射止めた近江・多賀章仁監督と魂の594球エース山田陽翔、絶対王者・大阪桐蔭への雪辱を誓うドラフト候補エース・米田天翼、イチロー魂導入で春ベスト4に躍進した國學院久我山・尾崎直輝監督、甲子園を目指しユニークなチームづくりを仕上げてきた注目校もクローズアップ!最強世代の呼び声高い2年生四天王のトップ・佐々木麟太郎の凄さ、春夏連覇を目指す大阪桐蔭の強さも大分析!さらに「各県総力データ」や、歴代の「高校投手高速化分析」、「甲子園スターの現在地」など、あらゆる角度から「甲子園」を楽しみ尽くす情報が満載!高校野球ファンのあなたにぜひ手に取ってみて欲しい一冊です! !

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内