SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

プロ注目の浜口颯一朗擁する岡豊に注目!高知地区の甲子園での戦い&夏の展望とは!?【がっつり!甲子園2022】

Text:落合初春

全国49地区 夏の大会データベース
【高知】

《2022年 センバツ結果》高知 2回戦

●甲子園での戦い&夏の展望
大本命は昨夏甲子園ベスト8の明徳義塾!ダークホース・岡豊の戦いにも注目

公立校の健闘が目立つ四国にあって、私学優位の状況が長く続いている高知県。この10年に限って見れば、公立の代表は2018年の高知商だけだ。しかも、2020年の独自大会を除くと、ほかはすべて明徳義塾が勝ち上がっている。

夏の選手権の通算出場回数は21回を数え、今や高知県の顔とも言える存在になっている同校が、今夏も優勝候補筆頭だ。春の県大会では、5試合で1失点という圧巻の戦いを見せた。スターこそ不在だが、エース・矢野勢也、2番手投手の吉村優聖歩、俊足を誇る井上航輝などメンバーは粒ぞろい。甲子園通算勝利数歴代4位の54勝を誇る馬淵史郎監督に鍛えられたチーム力は、他校より明らかに上で、優勝への視界は良好だ。

2番手以降は大混戦。中でも今春の選抜に出場し、プロ注目の内野手、高橋友をはじめ松本桂弥、山下圭太、東大夢など投打の柱がある高知の戦いぶりには注目だ。そのほか昨秋、そして今春に結果を残した高知工、高知商なども上位進出を窺う。

しかし、一番の伏兵候補は岡豊だろう。ベスト8に進出した昨秋、そして今春と2大会連続で明徳義塾に敗れているが、春は0対1でサヨナラ負け。2戦目以降圧勝した明徳を苦しめたのだ。名将・馬淵監督に「今年一番いい投手と対戦した」と言わしめた2年時からのエース・浜口颯一朗がさらに力を蓄えれば、ジャイアントキリングも十分に可能だ。

全国49地区夏の甲子園DATABASE【四国編】

●公立勢復活に待ったなし!
4県のすべてが夏の頂点に君臨した「野球どころ」も、近年は勝ちきれない苦戦が続く。直近の優勝は02年の明徳義塾が最後で、最後の栄冠から19年も経ってしまった。ただ、今夏はドラフト候補生が多い地区だけに、久しぶりの躍進が期待される。

古豪の公立勢が復活し、代表校争いが激化!

かつて「野球どころの四国」と言われた同地区。古くは「四国四商」の公立、最近では明徳義塾(高知県)を筆頭に私学勢が全国区として知られているが、ここ10年の夏大会ではかつてのような輝きが薄れつつある。

だが、今夏は2大会連続出場を狙う高松商/香川県、久しぶりに県大会を制した松山商/愛媛県、選抜出場の同県王者・鳴門と徳島商/徳島県、打倒私学に鼻息が荒い岡豊/高知など、各県ともに公立の強豪や古豪が全国制覇に名乗りを上げている。

一方、甲子園常連校の明徳義塾や高知/高知県、昨秋、今春と県大会を制した英明/香川県、昨秋の県大会を制した去年の代表校・新田/愛媛県など、私学勢のレベルも高いため、代表校争いは混戦状態だ。

なお、今夏の四国勢には、侍ジャパンU18代表の1次候補に選ばれたエース・冨田遼弥/鳴門、プロ注目のスラッガー・浅野翔吾/高松商、プロ注目の内野手・高橋友/高知など注目選手が多い。これらの選手の活躍が四国勢躍進の鍵を握っているだろう。

出典:『がっつり!甲子園2022』

『がっつり!甲子園2022』7月5日発売!

ブラバン応援も復活で甲子園へ夏きゅん‼︎コロナ下で、対外試合や練習方式に制限を受けた世代の球児たちが最後の夏にすべてのパワー全開で一躍雄飛する!この夏の主役候補たちに大接近!代替出場のセンバツで準優勝を射止めた近江・多賀章仁監督と魂の594球エース山田陽翔、絶対王者・大阪桐蔭への雪辱を誓うドラフト候補エース・米田天翼、イチロー魂導入で春ベスト4に躍進した國學院久我山・尾崎直輝監督、甲子園を目指しユニークなチームづくりを仕上げてきた注目校もクローズアップ!最強世代の呼び声高い2年生四天王のトップ・佐々木麟太郎の凄さ、春夏連覇を目指す大阪桐蔭の強さも大分析!さらに「各県総力データ」や、歴代の「高校投手高速化分析」、「甲子園スターの現在地」など、あらゆる角度から「甲子園」を楽しみ尽くす情報が満載!高校野球ファンのあなたにぜひ手に取ってみて欲しい一冊です! !

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内